Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(50)

前回の続きです。


「Gatewater Hotel」の「Bellboy」に話を聞きます。




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ13


「Miss May」


「ミス・メイ」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ14


Phoenix

「About Miss May...」


フェニックス

「ミス・メイについてなんですけど…」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ15


Bellboy

「Oh, her?
Sir, not to boast but I knew the moment I saw her...」


ベルボーイ

「ああ、彼女のことでございますか?
弁護士様、私、自慢じゃありませんが、彼女を一目見た瞬間に思ったのです…」




「boast(自慢する)」




Bellboy

「”She'd do it!” I said!」


ベルボーイ

「”彼女はヤる!”と!」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ16


Phoenix

(Do WHAT!?
I'm starting to think the most suspicious person here is this guy!)


フェニックス

(ヤるって何をだよ!?
最もアヤシゲな人物はこのオトコなんじゃないか、って思えてきたよ!)




突っ込もうと思ったら、私が思ったことと全く同じことをフェニックスが即座に突っ込んでくれました。(笑)


…でも、やっぱり突っ込みます!


法廷で証言したことと違うじゃないか!


初めて見た時「美しい人だ。私のタイプだ。」って思ったんじゃなかったのかよ!




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ17


「The man with May」


「メイと一緒に居た男」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ18


Phoenix

「I wanted to ask you about the man who was with Miss May...?」


フェニックス

「ミス・メイと一緒に居た男性について聞きたいんですけど…?」


Bellboy

「Ah, yes...」


ベルボーイ

「あぁ、彼ね…」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ19


Bellboy

「He struck me as a real ”Lady Killer,”
if you'll pardon the expression.」


ベルボーイ

「このような表現をお許しいただけるなら、
彼は、真の”レディ・キラー”としての私に、大変な衝撃を与えたのでございますよ。」




「strike(衝撃を与える、ガツンと殴る)」


「pardon(容赦する、許す、大目に見る)」


「Lady Killer(女殺し)」=別名「色男」。




Bellboy

「I knew it from the moment I saw him, sir.」


ベルボーイ

「それが、彼の第一印象でございました、弁護士様。」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ20


Bellboy

「He and I are of the same ilk.
We both carry the scent of... danger.」


ベルボーイ

「彼と私は同じ穴のムジナなのです。
我々二人は…キケンなニオイを漂わせているのでございます。」




「ilk(同類)」


「scent(香り、匂い)」




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ21


Phoenix

(There we are in total agreement, Mr. Psycho Bellboy.)


フェニックス

(その意見には完全に同意するよ、ミスター・サイコ・ベルボーイ。)




「agreement(同調)」


「total agreement(完全同意)」


「psycho(サイコ、精神病患者、狂人)」




フェニックス、それ、言い過ぎ。


確かに「Psycho」っぽいかもしれないけど…^^;

ただ単に彼は「danger」なだけだから…^^;


…あれ?やっぱり合ってるのか?




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ22


Bellboy

「If you had a photo of that man,
I'm quite sure I could identify him.」


ベルボーイ

「もしあなた様がその男性のお写真でもお持ちでしたなら、
私はかなりの確信をもって判別することが出来るのですが。」


Phoenix

(A photo. Hmm...)


フェニックス

(写真、ねぇ。うーん…)




…これについては一件心当たりがありますが、とりあえず質問を全て終わらせてからにしましょう。




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ23


「The hotel」


「このホテルについて」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ24


Phoenix

「Could you tell me about this hotel?」


フェニックス

「このホテルについて教えてもらえませんか?」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ25


Bellboy

「Absolutely!
And on that subject, I have an excellent idea, sir!」


ベルボーイ

「もちろんでございますとも!
さらにこの話題に関して、私にはひとつ素晴らしいアイディアがあるのでございますよ、弁護士様!」




「subject(主題、議題)」




Bellboy

「Currently, this hotel is known as the ”Gatewater.”」


ベルボーイ

「現在、当ホテルは”ゲートウォーター”の名で知られておりますが。」


Bellboy

「I propose that we add a subtitle!」


ベルボーイ

「私は、サブタイトルを付けてはどうか、と提案しているのでございます!」




「propose(提案)」




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ26


Phoenix

「A subtitle!?」


フェニックス

「サブタイトル!?」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ27


Bellboy

「The Gatewater Hotel
-- Murder Manor --


ベルボーイ

「ザ・ゲートウォーター・ホテル
--人殺しの縄張り--




「manor(なわばり)」イギリス口語表現。




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ28


Bellboy

「Well?
What do you think?」


ベルボーイ

「いかがです?
どう思われますか?」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ29


Phoenix

「Um... sounds great!
(Whatever floats your tea set...)


フェニックス

「うーん…素晴らしい響きですね!
(宙に浮いたあなたのティー・セットの音色が…)




上記のセリフは、「ベルボーイが力説して、カチャカチャ鳴ったティーセットの音」が
「sounds great(良い音色)」だ、とフェニックスは「心の声」で繋げています。^^;

当然ベルボーイにはそのフェニックスの心の声は聞こえていないので、
「Murder Manor(人殺しの縄張り)」というサブタイトルに対して
「良い響き、聞こえがいい(=良いアイディアだ)」と言ってくれたと思っているわけです。(笑)


日本語版のこの場面での成歩堂(フェニックス)のセリフは、
「いいんじゃないですかね!(どうでも…)
と言ったような感じだったと記憶しています。


日本語版でのセリフのニュアンスを、上手い事英語にアレンジしていますが(笑)

同時に「日本語と英語での表現の違い」に少し苦しんで捻り出した、という感じも窺い知れるような気がして、
日本語のセリフを英語に翻訳したカプコンのローカライズ班の苦労が見て取れる気がします。^^;



さて、ベルボーイは「メイと一緒に居た男性」について、
「写真を見ればわかるかもしれない」と言っていましたね。


そして前回「グロスバーグ法律事務所」でフェニックスが「借りた(笑)」写真がありました。

ダメもとでその「写真」をベルボーイに見せてみます。




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ30


Photograph(写真)

Type:Photographs(タイプ:写真)

Retrieved at the Grossberg Law Office.(グロスバーグ法律事務所にて取得した。)

「On the back the words ”DL-6 Incident - Exhibit B” are written in pencil.
(背面に”DL-6事件-証拠物件B”という文字が鉛筆で書かれている。)」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ31


Phoenix

「Take a look at this photo.」


フェニックス

「この写真を見てください。」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ32


逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ33


Bellboy

「That's him, Detective.」


ベルボーイ

「コイツです、刑事さん。」


Phoenix

「Um... I'm the lawyer.」


フェニックス

「えーと…僕は弁護士ですけど。」


Bellboy

「Oh, I know that!」


ベルボーイ

「ええ、存じ上げておりますよ!」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ34


Bellboy

「I just wanted to say ”Detective” once.
You know how it is.」


ベルボーイ

「一度”刑事さん”って言ってみたかったんです。
あなた様も一度は言ってみたいと思っているんでしょうけども。」


Phoenix

(No. No I don't.)


フェニックス

(いえ。全然。)




上記一連のセリフに出てくる「detective」と言う単語は
「刑事」でも「探偵」でもどちらでも良く、また状況的にどちらでも当てはまりますが、
これらのセリフからだけではどちらのことを言っているのか解かりません。

日本語版では「刑事」だったと思いますので、訳もそれに倣いました。




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ35


Bellboy

「Without a doubt,
that is the man who checked in with Miss April May.」


ベルボーイ

「疑いようもなく、
この写真の男性はエイプリル・メイ様と一緒にチェックインした方に間違いございません。」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ36


Bellboy

「How about I write an affidavit swearing that that's him!」


ベルボーイ

「写真の男性がまさしく彼の人だ、と誓う宣誓供述書を書いてもよろしいでしょうか!」




「affidavit(宣誓供述書)」法律用語。


「swear(誓う)」




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ37


Phoenix

「Well, sure. Why not?」


フェニックス

「ええ、もちろん。そうしていただけますか?」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ38


Bellboy

「Yes!」


ベルボーイ

「勿論!喜んで!」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ39


Bellboy

「I've always wanted to write an affidavit, sir.」


ベルボーイ

「私は常々、宣誓供述書を書いてみたいと思っていたのでございますよ、弁護士様。」




今日はいろいろと夢が叶って良かったね!




Bellboy

「From hence forth I will be known as the ”bellboy who swore the affidavit”!」


ベルボーイ

「これより以後、私は”宣誓供述書を契ったベルボーイ”として知れ渡ることになるでしょう!」




「from hence(ここより)」


「forth(以後)」




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ40


Phoenix

「Just hurry up and write it.」


フェニックス

「いいからさっさと書いてください。」




フェニックス!冷てぇなぁ、おめぇ!




逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ41


Bellboy's Affidavit(ベルボーイの宣誓供述書)

Type:Documents(タイプ:書類)

Received from the bellboy.(ベルボーイより受け取った。)

Bellboy's Affidavit added to the Court Record.(ベルボーイの宣誓供述書をコート・レコードに加えた。)」



逆転裁判 北米版 ゲートウォーター・ホテル ベルボーイ42


Phoenix

(Not even Miss May can play dumb to this!)


フェニックス

(これがあれば、ミス・メイも悪ふざけは出来ないだろう!)




「dumb(のろまな、ばかな)」口語表現。




というわけで、エイプリルが「一緒に居た男性」について「話さざるを得なくなる」であろう証拠品を入手しました。



次回、再び留置所に戻ってエイプリルに面会します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: