DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(174)

…最初に謝罪しておきたいと思います^^;
今回ニムゾにたどり着けませんでした!^^;
スミマセンm(_ _;)m


この最終ダンジョン、わたくし結構内容を忘れておりました^^;
前回辺りで、もうそろそろかな~とか思ってたんですが、
意外に道のりは長く続いておりました(笑)

さすがに次回こそはニムゾに会えると思います^^;




というわけで前回の続きです。


ドラクエ5 北米版 最終決戦3

Bianca
「All this nasty air is startin' to make me dizzy.
But we can't let this place get the better of us.」

ビアンカ
「この邪悪な気配に、頭がクラクラしてきたわ。
ま、そんなことに私たちは負けないけどね。」


「dizzy(めまいがする)」
「get the better of ~(~に打ち勝つ、やっつける)」
「We can't let this place get the better of us.」
=直訳「この場所が私たちをやっつける、ということを私たちはさせられない。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦4

Madchen
「I'm scared. I don't want to look down!
Is this what a bottomless pit looks like?」

マドチェン
「私怖いわ。絶対下を見下ろしたくない!
これって、底抜けに深い穴なんじゃない?」


「pit(あな、立坑)」



確かにこの道は、とても高い崖の上にかかっている橋のようです。
「高所恐怖症」ならずとも、下を覗くことは出来ないほど怖いでしょうね。
…ガードレール的なものも何もないし……

そうは言っても、先に進まなければなりません。


ドラクエ5 北米版 最終決戦5
ドラクエ5 北米版 最終決戦6

道の先には、岩の切れ目のようになっている入口があります。

中に入ると、またもや石造りの部屋になっています。


ドラクエ5 北米版 最終決戦7
ドラクエ5 北米版 最終決戦8


…この部屋が正真正銘最後の部屋です^^;



ドラクエ5 北米版 最終決戦9

Madchen
「I'm actually really scared,
but being with you makes it a little bit easier, Dad.」

マドチェン
「ほんとに、本当に怖いわ、
でもお父様と一緒だから、ちょっとだけだけど気が楽なの。」

Madchen
「I'm really glad I was born your daughter.
Sorry... I don't know how to say what I mean very well.」

マドチェン
「私、お父様の娘に生まれることができて、本当に良かった。
ごめんなさい…この気持ち、なんて言ったらいいのかよくわからないわ。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦10

Parry
「I'll bet the ancient legendary hero felt a bit scared
when the time came to do battle with the Lord of the Underworld.」

パリー
「大昔の伝説の英雄も、地下世界の王と戦おうとした時は
ちょっとは怖いと思ったんじゃないかな。」

Parry
「So it doesn't mean anything that I'm a bit nervous.
I'm definitely going to win!」

パリー
「まあ、だからって、別に僕がちょっとナーバスな気分になってるとかっていうワケじゃないよ。
僕は絶対に勝つつもりなんだからさ!」


「definitely(断然、必ず)」



…どうやらマドチェンもパリーも、結構ナーバスになっているようですね……
敵の本拠地のど真ん中で、しかも最終決戦間近なのですから、それも致し方ないでしょう。
強がってはいますが、二人ともまだ10歳かそこらの子供なのですから……



部屋の中央には宝箱が置いてあり、正面には巨大な扉があります。
扉は固く閉ざされているので、とりあえず宝箱を調べてみます。


ドラクエ5 北米版 最終決戦11

「Hero examines the treasure chest.」

「ヒーローは宝箱を調べた。」


すると、巨大な扉を打ち破って、中から二体のモンスターが飛び出してきます!


ドラクエ5 北米版 最終決戦12

「Some barbatoses appear!」

「バルバトスたちが現れた!」



「Barbatos(バルバトス)」は悪魔学における悪魔の一人。
『ゴエティア』によると30の軍団を率いる序列8番の公爵。『悪魔の偽王国』によれば伯爵にして公爵である。
『大奥義書』によれば、サタナキアの支配下にあるという。
『ミュンヘン降霊術手引書』においては、バルバルス(Barbarus)という名前で紹介されており、
36の軍団を率いる伯爵にして公爵であるという。
トランペットを持った四人の王を従えて、狩人の姿で現れるとされる。
コラン・ド・プランシーはバルバトスを「ロビン・フッドの変形」とみなしている。
太陽が人馬宮にあるときに、四人の高貴な王と彼らが率いる軍隊を伴って現れるともいう。
もとは力天使とも主天使ともいわれる。
魔術師の財宝の隠し場所を知っていたり、動物の言葉を理解することが出来るなどの能力を有する。
また、過去と未来をよく知り、友情を回復する力を持つともいう。
~Wikipediaより~


…どうやら由緒正しき悪魔のようです。
ちなみに日本版での名前は「ヘルバトラー」で、語源はおそらく「Hell Battler(地獄の戦闘者)」だと思われます。


この「Barbatoses」ですが、非常に強敵です!
ハッキリ言ってそこらのヘタなボスより強いです!

一応雑魚モンスターなのですが、その割にHPが結構高く、攻撃も強力です。
通常攻撃もさることながら、「Blistering flames(激しい炎)」と「Kaboom(イオナズン)」という、
威力絶大な2つの全体攻撃を仕掛けてきます。

「ブリスタリング・フレイムズ」はともかく「カブーン」の魔法がやっかいで、
回復が追い付かなくなるくらいの大ダメージをパーティに与えてきます。
パーティの装備は「ブレスや攻撃魔法の被ダメージを軽減する」装備で固めているのですが、
それでもとんでもないダメージを受けてしまいます。

おまけに「二体」なので、当然「1ターンに二回」の攻撃が来ます。
「ブリスタリング・フレイムズ」や「カブーン」を連続で繰り出されるとすぐに死者が頻出し、
パーティは簡単に壊滅状態に陥ってしまって、回復で手いっぱい、ということになってしまいます。
おまけに行動速度も速いので、体勢を立て直すのが非常に大変です。

なんとか一体倒せれば楽になりますので、回復しながら根気よく集中攻撃して一体撃破します。
そうすればバルバトスの攻撃回数が減るので、体勢を整えるのが楽になります。



ユグドラシル・リーフを使いながら、なんとか二体とも倒せました…
正直マジバトル過ぎて、写真を撮っている余裕がなかったくらいだったので、
今回戦闘中の写真はありません^^;



ドラクエ5 北米版 最終決戦13
ドラクエ5 北米版 最終決戦14

正面にぽっかり空いた巨大な入口が、バルバトスたちが出てきた所です。

これこそがまさしく、正真正銘ほんとの「最終決戦の地」への入口です!




ドラクエ5 北米版 最終決戦15
ドラクエ5 北米版 最終決戦16


入口の先には、何とも不思議な空間が広がっています。
まさに「異空間」と呼ぶにふさわしいような、独特の不思議な雰囲気が漂っています。

これがマダの言っていた「邪悪な祭壇」なのでしょうか……



ドラクエ5 北米版 最終決戦17

Bianca
「Um, Hero...」

ビアンカ
「んとね、ヒーロー…」


ドラクエ5 北米版 最終決戦18

Bianca
「This could be the last chance we have to talk,
so there's somethin' I want to say.」

ビアンカ
「私たちがお話出来るのも、これが最後のチャンスかもしれないでしょ、
だからね、あなたに言っときたいことがあるんだ。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦19

Bianca
「D'you remember the vows we made back in Mostroferrato?」

ビアンカ
「昔モストロフェラートで、二人で誓い合ったの覚えてる?」


ドラクエ5 北米版 最終決戦20

Bianca
「We stood there in that church and promised to love each other forever.」

ビアンカ
「永遠にお互い愛し合うって約束をしたよね、結婚式の教会で。」


ドラクエ5 北米版 最終決戦21

Bianca
「If we die here, it looks like we'll be dyin' together at least.
But we have to try to get through this and go home to Gotha hand-in-hand.」

ビアンカ
「もしここで二人とも死んじゃったらさ、私たち死ぬまで一緒に愛し合えた、ってことになるのかな。
ま、でもさ、こんなことはさっさと終わらせちゃって、手をつないでゴータに帰ろうね、みんなで一緒に。」





……この「最後の戦い」は、「みんな命がけ」です。
そんなことは、ビアンカも、パリーも、マドチェンも当然承知の上です。
勿論ヒーローも……

想像を絶するほど強大な「悪の化身」が相手です。
無事生きて帰れるか、なんて誰にもわかりません。

それでもやるしかないのです!
全力で戦いを挑み、
そして最後に勝つのはヒーローたちなのです!絶対に!


そんなことも、当然全員承知の上です!


様々な人々の想いを胸に、次回いよいよ諸悪の根源と対峙します!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: