Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(74)

逆転裁判 北米版 フェニックス法廷336




前回「殺害された」はずの「Mia Fey(ミア・フェイ)らしき人物」がフェニックスの前に姿を現しました。


そのショックでフェニックスが気を失ったことにより、裁判は一時中断、
被告人控室で目を覚ましたフェニックスが「この人物」と会話するところから再開します。




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷338


Phoenix

「Y-You're...」


フェニックス

「き、君は…」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷339


Phoenix

「M-Maya...?」


フェニックス

「マ、マヤ…?」




服装や髪形で察しがつきますね。

状況から判断しても、この人物は「Maya Fey」以外にありえません。


しかし、顔かたちや身長などの体格、
そしてその豊満なバストは、
「マヤ」ではありえません^^;




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷340


Mia

「Didn't you know
the Fey women have strong psychic powers...?」


ミア

「フェイ一族の女性たちが持つ強力な超能力の事、
あなたは知らなかったんだっけ…?」


Mia

「When you accepted your defeat in court...」


ミア

「あなたが法廷で負けを認めてしまった事で…」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷341


Mia

「It appears that was enough of a shock to awaken Maya's true powers.」


ミア

「眠っていたマヤの本来の力が目覚めるのに十分なショックとなったみたいね。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷342


Phoenix

「So... Maya is channeling you, Mia?」


フェニックス

「それじゃあ…マヤは今、あなたとチャネリングしている、ってことですか、ミアさん?」




「channeling(チャネリング、交霊、口寄せ)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷343


Mia

「That's right.
I am Maya, but I'm also Mia.」


ミア

「その通りよ。
私はマヤ、でも、それと同時にミアでもあるの。」




この「フェイ一族の超能力」については、以後詳しい説明がゲーム内で出てくるはずですので、
ここでの説明は控えます。




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷344


Mia

「Now, I want you to listen to me, Phoenix.」


ミア

「そんなことより、あなたに聞いてほしいことがあるのよ、フェニックス。」


Mia

「Maya never gave up.
You can't either!」


ミア

「マヤはまだ、全然諦めてないわ。
それなのにあなたが諦めていいわけないでしょ!」




「You can't either.」=直訳「あなたも出来ない。」=「You can't give up either.」




Mia

「That's what I came here to tell you.」


ミア

「それをあなたに教えに来たの。」




……もしかしたらこれはこの後、劇中でも説明が入るのかもしれませんが、
一応このセリフについてちょっと補足します。


マヤはつい先ほどまで「修行中の霊媒師」であり、以前マヤ本人も言っていた通り
「死者の霊を降ろすことが出来るレベル」にまだ達していませんでした。

しかし、フェニックスが負けを認めてしまったのを見て、
「何とか力になりたい。でも自分(マヤ)では何もできない。」という強い想いが、
「霊媒師としての眠っていた力の発露」という形で現れ、初めて「降霊に成功」したのです。

現在「マヤ」の身体に「ミアの霊」が宿っていることこそが
「マヤは負けを認めていない」ことの証明です。


すなわち、「自分では助けにならないが、姉のミアなら…」というマヤの願いが
「ミアと交霊」させているのだと思います。


ミアはフェニックスにその事を伝えたかった、というわけです。




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷345


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷346


Phoenix

「B-but!」


フェニックス

「で、でも!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷347


Mia

「We don't have much time, Phoenix.
Now listen.」


ミア

「私たちには余計なことを話している時間はあまりないわ、フェニックス。
いいから聞いて。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷348


Mia

「You've already won.」


ミア

「あなたはね、もう既に勝ってるのよ。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷349


Phoenix

「Huh...?」


フェニックス

「え…?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷350


Mia

「You have that Receipt in the court record, right?」


ミア

「法廷記録の中に、レシートがあるでしょ?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷351


Phoenix

「Um... oh, yeah!
The one you wrote ”Maya” on...?」


フェニックス

「えーと…ああ、ありました!
ミアさんが”マヤ”って書いた、コレですね…?」


Mia

「Phoenix! White wrote that, not me!」


ミア

「ちょっとフェニックス!それはホワイトが書いたのよ、私じゃないわ!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷352


Phoenix

「So... so what do I do with it?」


フェニックス

「あ、そうですよね…それで、僕はこれを使って何をすれば?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷353


Mia

「Look at the front of the receipt!」


ミア

「レシートの表を見てみなさい!」


Phoenix

「The... front?」


フェニックス

「レシートの…表?」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷354


Phoenix

(It's a regular receipt...)


フェニックス

(どう見てもただのレシートだ…)


Phoenix

(Looks like it's from a famous department store.)


フェニックス

(どうやら有名なデパートで発行されたものらしい。)



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷355


Phoenix

(”$1,000.00”... wow, big spender!)


フェニックス

(支払額は”1,000ドル”…うわ、これはまた随分気前よく使ったもんだな!)




「spender(浪費家)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷356


Phoenix

(”Item”...
”glass light stand”...!)


フェニックス

(”購入した物”は…
”ガラスのライト・スタンド”…!)



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷357


Phoenix

(”Date of purchase”...
”September 4”...)


フェニックス

(”購入日”は…
”9月4日”…)




「purchase(買い物、購入、購入物)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷358


逆転裁判 北米版 フェニックス法廷359


Phoenix

「September 4!」


フェニックス

「9月4日!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷360


Mia

「That's right, Phoenix.」


ミア

「そうよ、フェニックス。」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷361


Mia

「I bought that stand the day before I was killed!」


ミア

「私があのスタンドを買ったのは、殺された日の前日だったの!」


Mia

「Now, what did Mr. White say in his testimony?」


ミア

「ところで、ホワイト氏は彼の証言の中で、なんて言っていたかしら?」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷362


White

「It was the beginning of September...
the week before the murder.」


ホワイト

「あれは9月の初め頃…
殺人事件発生の一週間前だったかな。」




…些細なことですが、このセリフも少し補足します。


事件発生が「9月5日」なので、「the week before the muder」だと「8月末」ということになってしまい、
「the beginning of September」と整合していないことになってしまいますが、
まあこれは、所謂「言葉のあや」というやつでしょう。

大体「一週間前の9月の頭」ぐらい、
すなわち「9月1日とか2日とかその辺、あるいは8月末かもしれない」というような感じです。
早い話ホワイトがはっきりした日付を覚えていないということです。


私の「訳し間違い」ではありません。(笑)


言い訳の必要はないと思いましたが、一応念のため。^^;




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷363


Phoenix

「He said he saw the stand the week before the murder!」


フェニックス

「ホワイトは、スタンドを見たのは殺人の1週間前、と言っていました!」




そう!大事なのはコレ!この一点だけ!!




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷364


Mia

「There you go!」


ミア

「それじゃ行きましょう!」


Mia

「I think the court is about to reconvene!」


ミア

「そろそろ審理が再開されると思うわ!」




「reconvene(再会する、再招集する)」




逆転裁判 北米版 フェニックス法廷365


Mia

「Go do it, Phoenix!
You know you're innocent,
now you just have to prove it!」


ミア

「やってやりなさい、フェニックス!
あなたが無実だってことはあなたが一番よく知ってるでしょ、
だからあなたは、そのことを証明しなければいけないの!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷366


Phoenix

「Right!」


フェニックス

「はい!」



逆転裁判 北米版 フェニックス法廷367


Receipt(レシート)

Type:Evidence(タイプ:証拠品)

Retrieved at the Fey Law Office.(フェイ法律事務所にて取得した。)

Receipt updated in the Court Record.(コート・レコードのレシートを上書きした。)」




これ、ほとんど答えですね。(笑)

「法廷が再開したらこうしなさい!」っていう、答えそのものです。


とはいえ、絶望の淵から希望の光が射しました!

ミアの言う通り、「フェニックスは既に勝っていた」んですね!
突破口となる糸口は「もう持っていた」のでした。

後はこれを「法廷で実践するだけ」です。


いやーしかし、ミアが居ると心強いですね!さすが師匠!



それでは次回、
本件「最後の法廷」開廷です!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: