DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(29)

瞬時にフェアリー・ランドに到着です。

フェアリーランド1

Honey
「Sweet! You came!
Come on, I'll take you to meet Treacle.」

ハニー
「スウィート!着いたわ!
来て、トリークルに会わせてあげる。」


そして、ハニーに連れられ、大木をくりぬいたような大きな建物に入って行きます。

最上階屋上の玉座に座っている女性の前にたどり着くと、
「あなたのリクエスト通りの人間の戦士をお連れしました、トリークル。」
とハニーが紹介します。

フェアリーランド2

Treacle
「My, what a cute little warrior he is too!」

トリークル
「まあ、なんてかわいらしい小さな戦士ですこと!」

Honey
「N-No! He's not cute! He might look cute, but he's really not!
I mean, he's really-」

ハニー
「い、いえ!彼はかわいくありません!彼はかわいく見えるかもしれませんが、でもほんとに違うんです!
つまり、彼はほんとに-」


慌てふためくハニーさん(笑)


トリークル
「わかってますよ、ハニー、落ち着きなさい。
彼のすばらしく良い才能を私は見て取れます。」
「ヒーローといいましたね。
ようこそいらっしゃいましたね、フェアリーたちが住まう、
やわらかくなめらかな(the soft and creamy)フェアリーの地へ。」
「あなたが他の人間たちとは違い、私たちフェアリーを見ることができるのは、
きっと特別な力があるからだと私は信じます。」
「私の話を聞き、私たちを助けてくれる意志はありますか?」


ここで「Yes」と選択します。


トリークル
「私たちの宝物「the Herald of Spring(ヘラルド・オブ・スプリング)」が盗まれました。」
「それは、私たちフェアリーが甘美(sweetness)な春を招くのに使うフルートです。」
「それがなければ、冬の苦味(bitterness)が永遠に続くことでしょう。」
「私たちはあなたの助けを借りてそれを取り返したいのです、ヒーロー。手を貸してくれますか?」


ここでも「Yes」を選択します。


Treacle
「You will? What sweet music to my ears!」

トリークル
「やってくれるのですね?なんと甘美な音楽(のように私の耳に響く)でしょう!」


そうして、トリークルの命により、ハニーが仲間に加わります。

トリークル
「成功を祈っています、ヒーロー。
あなたが私たちの最後のチャンスなのです。」



長かった^^;

では少し解説をします。

「Treacle(トリークル)」は「糖蜜」という意味です。
日本版の彼女の名前は「ポワン」。
日本版「ベラ」が「Honey(ハニー)」になった理由も、
これでなんとなくわかりますね。
そう、彼女たちの名前は「甘いもの(sweet)」なのです。

少々ネタばれしますが、
この先彼女たち以外のフェアリーも登場しますが、
もれなく全て「甘いもの」つながりの名前になっています。

そして、上記台詞の中でも所々「甘い(sweet)」に関連する表現が出てきています。


「sweet」には「甘い」という意味のほかに、「可愛らしい」「愛らしい」という意味もあります。
欧米の映画やドラマなどで、恋人などに対して「honey」とか「my sweet」とか言ったりしますが、
これはこちらの意味なんですね。

思うに、フェアリー(妖精)たちは可愛らしい、愛らしい(sweet)存在なので、
甘いものの名前(sweet)に統一することで、
「sweet」のダブルミーニング(二重の意味)に引っ掛けているのだと思います。

これは、英語版ならではの表現法で、非常に面白く、また非常に良いローカライズだなあと思いました。


春を呼ぶフルート「the Herald of Spring(ヘラルド・オブ・スプリング)」は、
直訳すると「春の兆し」とでもなるんでしょうか。
日本版では「春風のフルート」でしたから、まあ似たような感じですね。


では次回、ヘラルド・オブ・スプリング奪還作戦始動です(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: