Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(139)

前回、コレクターの間でも「入手困難」と噂されるレアカード、
「Ultra Rare Premium(ウルトラ・レア・プレミアム)」をゲットしたフェニックス。

それでは今回、このレアカードをコーディーに見せびらかしに行きます。(笑)


というわけで、彼のいる衣裳部屋へ移動します。




逆転裁判 北米版 コーディー2-1


逆転裁判 北米版 コーディー2-2


URP Card(URPカード)

Type:Other(タイプ:その他)

Received from the assistant.(アシスタントより受け取った。)

「An ”Ultra Rare Premium” Steel Samurai collectable card. Very valuable.
(スティール・サムライ・コレクタブル・カードの”ウルトラ・レア・プレミアム”。とても貴重なカード。)」




「collectable card(収集目的のカード)」=「trading card」と同義。


「valuable(高価な、貴重な)」




逆転裁判 北米版 コーディー2-3


Phoenix

「See this card?」


フェニックス

「このカード、何だか分かる?」



逆転裁判 北米版 コーディー2-4


Cody

「Yeah, so... Wait!
That's it!!!」


コーディー

「ああ、知ってるよそんなもん…って、ちょっと待て!
それはっ!!!」


Cody

「That's the last Ultra Rare Premium card I need!」


コーディー

「ずっと欲しかった、俺が持ってない最後のウルトラ・レア・プレミアム・カードじゃねぇか!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-5


Cody

「C'mon give it to me, please!
You gotta give it to me!」


コーディー

「それ、俺にくれよ、頼む!
いや、絶対そうするべきなんだ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-6


Phoenix

(Wow, I've never seen him so... eager.)


フェニックス

(おお、この子がこんなに…こちらに熱意を向けてくるなんて初めてだな。)




…コーディーのこの反応はペニーの時とほぼ同じですね。^^;

やはり「コレクター」というものは、「自分のコレクションに”無い”ものを見せられる」と、
どうしてもそれが欲しくなってしまうみたいです。^^;


これだから、オタクってやつは…^^;




逆転裁判 北米版 コーディー2-7


Phoenix

「R-right! Okay!
How about a trade?」


フェニックス

「よ、よし!解かった!
それじゃあ、トレードなんてどうだい?」



逆転裁判 北米版 コーディー2-8


Cody

「You're on!」


コーディー

「いいぜ!」




「be on(参加する、乗っている)」=ここでは「トレードする関係になっている」という意味で、同意を表す。




逆転裁判 北米版 コーディー2-9


Cody

「I'll give you a ”Samurai Spear”
and throw in an ”Evil Magistrate” to boot!!」


コーディー

「俺は”サムライ・スピアー”のカードを出すよ、
しかもちょっとおまけして”イービル・マジストレイト”のカードも付けるぜ!!」




「throw in ~(~をおまけとして添える)」


「to boot(追加として、おまけに)」




Phoenix

「No no no no... not that kind of trade.」


フェニックス

「いやいやいや…僕が言ってるのは、そういうトレードじゃなくて。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-10


Phoenix

「I don't want cards.
I want information.」


フェニックス

「カードは要らないから、
代わりに情報が欲しいんだ。」




「サムライ・スピアーとイービル・マジストレイトのカード」なんか、
法廷ではなんの役にも立たないでしょうしね!(笑)



逆転裁判 北米版 コーディー2-11


Cody

「Huh? You sure?
Fine by me!」


コーディー

「え?マジか?
俺は全然良いぜ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-12


Gave URP Card to Cody.


コーディーにURPカードをあげた。



逆転裁判 北米版 コーディー2-13


Mia

「Okay, Phoenix.
Let's hear what he has to say.」


ミア

「いいわ、フェニックス。
それじゃ、彼の言うことに耳を傾けてみましょう。」


Mia

「If he knows something that could help us,
we can have him take the stand tomorrow.」


ミア

「もし私たちにとって何か有益な情報を知ってるなら、
彼を明日の証言台に立たせることも出来るしね。」




というわけで、コーディーとの取引が成立し、彼から情報を引き出すことが出来るようになりました!

それでは一つひとつ質問をしていってみることにしましょう。




逆転裁判 北米版 コーディー2-14


「The Steel Samurai」


「スティール・サムライについて」



逆転裁判 北米版 コーディー2-15


Phoenix

「So... you like the Steel Samurai.」


フェニックス

「しかし君は…ほんとにスティール・サムライが好きなんだね。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-16


Cody

「He's so cool!」


コーディー

「だって、超クールじゃん!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-17


Phoenix

「I... I guess.」


フェニックス

「そ…そうだよな。」




懲りないな、フェニックス!


思ってもいないのに適当に相槌を打つのは、やめた方が良いのではないでしょうか?(笑)




逆転裁判 北米版 コーディー2-18


Cody

「You're judging him by his looks!
You have to look at his action, at his life!」


コーディー

「ニィちゃんさ、サムライの見た目だけで判断してるだろ!
彼の行いとか生き様とかをもっとよく見なきゃダメだぜ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-19


Phoenix

(I'm being lectured on life by a grade schooler...)


フェニックス

(小学生に、人生についてレクチャーされてしまった…)




…意外に深いんだね、スティール・サムライって……

見た目はあんなだけど!(笑)


やっぱりこれは、フェニックスも毎週欠かさず放送を視るしかないようですよ?(笑)




逆転裁判 北米版 コーディー2-20


Cody

「You like him too, don'tcha?」


コーディー

「とか言って、ニィちゃんもほんとはスティール・サムライが好きなんだろ?」




「don'tcha?」=「don't you?」




逆転裁判 北米版 コーディー2-21


Phoenix

「Uh... Oh, me? Y-yeah!
I, um, love the Steel Samurai.」


フェニックス

「ん…って、え、僕?そ、そりゃもちろんさ!
スティール・サムライは、えーと、大好きだよ!」




…だからさ、フェニックスさ……


そんな「心にも無い」こと無責任に言うなよ!^^;




逆転裁判 北米版 コーディー2-22


Cody

「So, tell me what your favorite thing about the Steel Samurai is!」


コーディー

「それじゃ、スティール・サムライのどんなとこが好きか教えてくれよ!」




ほれ見ろ!墓穴を掘りやがって!


これでもし全くの的外れな回答をしてコーディーの気分を害したら、
聞けるものも聞けなくなっちゃうかもしれないぞ!




逆転裁判 北米版 コーディー2-23




とは言え私も、「サムライの行いや生き様」を全く知りませんから、
ここは勘で適当に答えます。(笑)


…ま、ヒーローなんだからとりあえず強いんだろ?ということで(笑)

「His fighting skills(サムライの戦闘技術)」と答えます。




逆転裁判 北米版 コーディー2-24


Phoenix

(Got to think of something...)


フェニックス

(何か考えなくちゃ…)



逆転裁判 北米版 コーディー2-25


Phoenix

「I like it when he, uh,
he vanquishes his foes!」


フェニックス

「僕が好きなのは、えーと、
敵を打ち負かした時の彼の雄姿かな!」




「vanquish(敵を破る、打ち負かす、征服する)」文語表現。


「foe(敵)」文語表現。




逆転裁判 北米版 コーディー2-26


Cody

「Yeah! Whizzam!」


コーディー

「そうだろ!ズバァーンってな!」




「whizzam」については、調べても意味がよく解かりませんでした。^^;

おそらくここでは「サムライが敵を倒す様」を「擬音語的に表現している」のだと思われます。




Cody

「The Steel Samurai always wins!
Always!」


コーディー

「スティール・サムライはどんな時でも必ず勝つんだ!
どんな時でも!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-27


Cody

「Check this out!
It's my fan album!」


コーディー

「コレ見てみなよ!
俺のファン・アルバムなんだけどさ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-28


Phoenix

「What the...?
It's all pictures of the Steel Samurai.」


フェニックス

「これは…?
全部スティール・サムライの写真だね。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-29


Cody

「I go to every live performance!」


コーディー

「俺さ、サムライのライブ・パフォーマンス会場には毎回必ず行ってるんだけどさ!」




「live performance」=おそらく「ヒーロー・ショー」のようなものだと思われる。

直訳では「生で行われるパフォーマンス、ショー」。




逆転裁判 北米版 コーディー2-30


Cody

「I always take a picture when the Steel Samurai lands the final blow!
Whizzam!」


コーディー

「スティール・サムライがトドメの一撃をお見舞いする瞬間を、いつも写真に撮ってるんだ。
ズバァーンって!」




「land(打撃などを相手に加える、与える)」




逆転裁判 北米版 コーディー2-31


Cody

「I got 'em all! I never missed one!
A perfect collection!」


コーディー

「全部だぜ、全部!一個も撮り逃したことは無いんだ!
パーフェクト・コレクションってやつさ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-40


Cody

「Check it out!
My new digital camera!」


コーディー

「ほら、これも見てくれよ!
俺の新しいデジタル・カメラ!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-41


Mia

「Wow, that's very impressive.
The newest model, isn't it?」


ミア

「わぁ、凄いわ、とてもステキね。
それ、最新式なんじゃない?」



逆転裁判 北米版 コーディー2-42


Cody

「You bet, lady!
I just got it for my birthday.」


コーディー

「そうだよ、おネェさん!
誕生日に買ってもらったんだ。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-43


Cody

「My album has a name, wanna hear it?
”The Steel Samurai: Path To Glory.”」


コーディー

「このアルバムにはタイトルもあるんだけどさ、聞きたい?
名付けて”スティール・サムライ:栄光の架け橋。”」




いや、聞いてません。^^;




逆転裁判 北米版 コーディー2-32


Cody

「The Steel Samurai always wins!
Always!」


コーディー

「なんせ、スティール・サムライはいつだって必ず勝つから!
いつでも!」



逆転裁判 北米版 コーディー2-33


Cody

「Hey, if you want this, you can have it, lady.」


コーディー

「ねえ、もしコレ欲しいんなら、おネェさんにあげるよ。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-34


Mia

「Really? Are you sure?」


ミア

「ほんと?貰っちゃってもいいの?」



逆転裁判 北米版 コーディー2-35


Cody

「Yeah, I took these with a digital camera.」


コーディー

「うん、その写真は全部デジタル・カメラで撮ったんだ。」


Cody

「I got all the data at home
so I can always make another one.」


コーディー

「俺の家には全部の写真のデータが残ってるから、
またいつでも同じアルバムを作ることが出来るんだ。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-36


Mia

「Well, then I'm happy to accept!
Thank you.」


ミア

「そう、それじゃ喜んで受け取らせてもらうわ!
ありがとう。」



逆転裁判 北米版 コーディー2-37


"Path to Glory"(”栄光の架け橋”)

Type:Other(タイプ:その他)

Received from Cody Hackins.(コーディー・ハッキンズより受け取った。)

”Path To Glory” received.(”栄光の架け橋”を受け取った。)」



逆転裁判 北米版 コーディー2-38


Phoenix

(What's with people always giving stuff to Mia?
What a life!)


フェニックス

(こんな感じで、いつもミアさんは誰かから何か貰ったりしてるのか?
羨ましい人生だな!)



逆転裁判 北米版 コーディー2-39




ま、ミアさんはそういう「星の元に生まれてきた」人なのでしょうから(笑)

彼女をやっかんでもしょうがありません!(笑)


それはそうと、「サムライがトドメの一撃を悪者に食らわせた瞬間を捉えた写真」だけで構成された
コーディーの「自作写真集(笑)」である、「Path To Glory(パス・トゥ・グローリー=直訳「栄光へ続く道」)」を
何故か貰うことが出来ました。(笑)


なんなんだ、その仰々しいタイトルは。^^;


そしてこれが一体何の役に立つというのでしょうか。(笑)

まあ「くれる」と言うのだから、一応貰っておきますが。^^;

物品的には「ウルトラ・レア・プレミアム・カード」とトレードした形になりましたが、
世間一般的な価値基準からしたら明らかにダウングレードな取引でしょうね。(笑)

話の流れ的には「ミアが貰った」ことになっていますが、
もちろんフェニックスも「栄光の架橋」を見たり使用したりすることが出来ます。



さて、まだコーディーに聞ける事柄は残されていますが、
今回はここまでとし、この続きは次回にしたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: