Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(146)

逆転裁判 北米版 マネラ証言後1


Judge

「Very well.
The court's opinion on this case is as follows:」


裁判官

「よろしい。
それではここで、本件に対する当法廷の見解を纏めてみることにしましょう。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後2


Judge

「We have found that there were several other people in Studio 2
on the day of the murder.」


裁判官

「殺人事件当日の第二スタジオには、当時幾人かの人々が居たという事実を
我々は見出しました。」


Judge

「However, it is also clear that none of these people could have gone to Studio One.」


裁判官

「しかしながら、状況から言って彼らが事件現場である第一スタジオへ行く事は到底不可能であったというのも、
また明白です。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後3


Judge

「They therefore have no relation to this case.」


裁判官

「したがって、彼らは本件とは無関係だったと言えるでしょう。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後4


Judge

「Furthermore, with regards to the photo of the Steel Samurai...」


裁判官

「更にもうひとつ、このスティール・サムライの写真に関してなのですが…」




「with regard to ~(~に関しては)」




逆転裁判 北米版 マネラ証言後5


Judge

「Given the size of the costume,
no one other than Mr. Powers could have worn it that day.」


裁判官

「コスチュームのサイズから言って、
これを着れる人物は、当日の関係者の中ではパワーズ氏しか居なかった、ということになります。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後6


Judge

「All that is lacking is decisive evidence that he is the one who did it.」


裁判官

「とは言え、パワーズ氏の犯行を裏付けるような決定的な証拠品も未だ欠落していると思いますがね。」


Judge

「If we had that,
I'm afraid I would have to find Mr. Powers guilty.」


裁判官

「もしそのような証拠でもあれば、
申し訳ないですがパワーズ氏には有罪判決を下さなければならないでしょう。」




…以上が、前回までの審理で出てきた事柄の総括です。

フェニックスたち「弁護側」にとって非常に不利と言える状況ですが、

しかし、ウィルの犯行を「決定的にする証拠」というものが無いのもまた事実です。


というか、「ウィルが無実」であるならばそんな証拠は存在しない!はずなのですが…




逆転裁判 北米版 マネラ証言後7


Edgeworth

「Your Honor.」


エッジワース

「裁判官。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後8


Edgeworth

「The prosecution is pleased to announce that we indeed have decisive evidence: a witness.」


エッジワース

「検察側には、決定的な証拠を提示する用意がある、と言っておこう。
証人という名の決定的な証拠をな。」




なんですっとぉぉぉ!!?




逆転裁判 北米版 マネラ証言後9


Judge

「Who is this witness, Mr. Edgeworth?」


裁判官

「その証人とは、どういう人物なのですか、エッジワース君?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後10


Edgeworth

「My witness saw the very moment when the Steel Samurai skewered the victim!」


エッジワース

「その証人は、スティール・サムライが被害者を串刺しにする決定的瞬間を目撃しているのだ!」




…ということは……

ついに「彼」が証言台に立つということですね……^^;




逆転裁判 北米版 マネラ証言後11


Judge

「I see.」


裁判官

「なるほど、わかりました。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後12


Judge

「The court will take a 10 minute recess,
after which we will hear your witness.」


裁判官

「それではここで、当法廷は10分間の休憩を取りたいと思います、
その後で、検察側証人の証言を聞いてみることにしましょう。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後13


Judge

「Court is adjourned for recess!」


裁判官

「それでは一時休廷!」




…というわけで、審理は一時中断します。

弁護側も、被告人控室に一旦戻ります……




逆転裁判 北米版 マネラ証言後14


October 19, 11:04 AM
District Court
Defendant Lobby No. 1


10月19日、午前11時4分
地方裁判所
第一被告人控室



逆転裁判 北米版 マネラ証言後15


逆転裁判 北米版 マネラ証言後16


Phoenix

「What do we do now, Mia?」


フェニックス

「僕たち、これからどうすればいいんでしょうか、ミアさん?」


Phoenix

「If everyone in that trailer has an alibi...」


フェニックス

「トレイラーに居た人たち全員にアリバイがあるってことは…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後15


逆転裁判 北米版 マネラ証言後17


Mia

「I'm sorry, Phoenix.」


ミア

「残念だけど、フェニックス。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後21


Mia

「I guess I was wrong.」


ミア

「どうやら私が間違っていたようね。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後18


Phoenix

「M-Mia!」


フェニックス

「そ、そんな!ミアさん!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後19


Phoenix

「Don't tell me you're giving up!
If you give up, what hope do I have...?」


フェニックス

「そんな諦めるようなこと言わないでくださいよ!
もしあなたまで諦めちゃったら、僕は一体何を希望にして戦えばいいんです…?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後15


逆転裁判 北米版 マネラ証言後20


Mia

「Don't get me wrong.」


ミア

「勘違いしないで、フェニックス。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後22


Mia

「I've never given up on a trial before,
not while there was a chance.」


ミア

「私はどんな審理でも、事前に諦めてしまうようなことは決してしないわ、
チャンスがある内は、ね。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後23


Mia

「Only one thing became clear in your cross-examination.」


ミア

「事実、あなたの反対尋問で明らかになった事がひとつだけあるじゃない。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後24


Mia

「The people in the trailer could not have gone to Studio One.」


ミア

「トレイラーに居た人々は第一スタジオに行くことが出来なかった。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後25


Mia

「I thought there was more to it than that...」


ミア

「私はね、そこにそれ以上の何かがあるんじゃないか…って思ってたんだけど…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後26


Mia

「But I was wrong.」


ミア

「でも、それは私の間違いだったみたい。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後27


Mia

「That's all there is.」


ミア

「私が言ったのは、そういう意味よ。」




一応上記の流れを補足しますと、

最初のミアの「I was wrong.(私は間違っていた。)」というセリフに対して、
フェニックスはミアの「敗北宣言」だと受け取ってしまったわけです。

すなわち「ウィルが無実だと信じていたが、それは間違いだった。」

「ウィルはほんとは有罪だったのだ!」とミアが思ってしまった、と考えたんですね。

だから「Give up(諦める)」と言っているわけです。


しかし実際には、「トレイラーに居た人々が第一スタジオに行くことは不可能だった」という事実に対して、
ミアは「実は”裏”に何かあるんじゃないか」と思っていたようです。

すなわち、

「一見アリバイがあるようだが、その裏には何らかの”アリバイ工作”があるんじゃないか?」

と疑っていたのですね。


しかし、審理の中で「そういったアリバイ工作は無かった(出来るような余地が無かった)」と確信するに至り、
「裏がある」と思っていた「ミアの疑い」は「間違いだった」と言っていた、ということだったようです。


ミアさん、言い方が紛らわしいッス!^^;


しかも、結局弁護側にとって不利であることに変わりはありません。

それでもミアは「チャンス」がある内は絶対諦めない!ようですが…




逆転裁判 北米版 マネラ証言後28


Will

「Umm...」


ウィル

「うーんと…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後29


Will

「Er...
What's going to happen to me?」


ウィル

「あー…
僕はどうなっちゃうんでしょうか?」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後30


Will

「It kinda seems like everyone in that courtroom thinks I did it...」


ウィル

「法廷内の全員が、僕がやったんだ!って思ってるような雰囲気になっちゃってますけど…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後31


Will

「They think I'm a murderer!」


ウィル

「殺人犯はお前だ!お前しか居ないんだ!って感じで…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後32


Mia

「Don't worry, Mr. Powers.」


ミア

「心配いらないわ、パワーズさん。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後33


Mia

「If you are innocent, we will prove it.
I guarantee it.」


ミア

「もしあなたが本当に無実なら、私たちはそれを証明するだけ。
大丈夫よ、保証するわ。」




「guarantee(保証する)」




Mia

「Leave it to us, and...
be yourself. Be strong.」


ミア

「この件は私たちに任せて…
あなたは心を強く持ちなさい。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後34


Mia

「You are the Steel Samurai,
hero to children everywhere, after all.」


ミア

「あなたはスティール・サムライ、
いついかなる時も子供たちのヒーローなのよ、そうでしょ。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後35


Will

「I...」


ウィル

「ぼ、僕は…」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後36


Will

「Thanks.
*sniff*」


ウィル

「そうだね、ありがとう。
グスン」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後37


Mia

「Okay, Phoenix.」


ミア

「よし、それじゃ行きましょう、フェニックス。」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後38


Mia

「This one's for the kids!」


ミア

「これは子供たちの為でもあるのよ!」



逆転裁判 北米版 マネラ証言後39


Mia

「Let's do it!」


ミア

「いっちょやってやりましょ!」




…あれ?「本件の担当弁護士」って、誰だったっけ?^^;


「チャンスを信じ」「決して諦めず」「被告の不安を取り除く」……

これって全てどっかの「とんがり頭」の仕事なのでは?^^;


…結局、現時点では「事態が好転した」というわけでは決してありません。

しかし、ミアのセリフを聞いていると、
「まだなんとかなるのかも!」という勇気が、心に湧き上がってきますね!

こういった所も、「ミアが”腕利きの”弁護士」と言われていたゆえんだったのでしょう。

フェニックスは未だ彼女の影を踏むことすら出来ていませんね!(笑)


しかし、事ここに至ったら、こう信じるしか…

というか、自分に言い聞かせるしかないでしょう!


「正義は必ず勝つ!」と!



それでは次回に続きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: