Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(147)

逆転裁判 北米版 コーディー入廷1


October 19, 11:15 AM
District Court
Courtroom No. 4


10月19日、午前11時15分
地方裁判所
第四法廷



逆転裁判 北米版 コーディー入廷2


Judge

「Court is back in session for the trial of Mr. Will Powers.」


裁判官

「それではウィル・パワーズ氏の審理を再開しましょう。」




前回の続きです。

今回「検察側証人」として、「殺人の決定的瞬間を目撃した」という「彼」が入廷してきます。

彼が証言するであろう内容は、おおよそのところはフェニックスたちも以前聞いていますが…




逆転裁判 北米版 コーディー入廷3


Edgeworth

「The prosecution has a concern.」


エッジワース

「その前に、検察側には一つ懸念がある。」


Edgeworth

「As our witness is a grade schooler of tender years,
and this is a murder case...」


エッジワース

「これから呼ぶ証人は、まだ多感な年頃の小学生なのだが、
本件はご承知の通りの殺人事件だ…」




「tender(傷みやすい、敏感な)」




逆転裁判 北米版 コーディー入廷4


Edgeworth

「We worry that the defense might cause unnecessary trauma
with his cruel questioning!」


エッジワース

「あまつさえ弁護側の残酷で卑劣な質問攻めに晒されてしまっては、
証人に不必要な心的外傷を与えてしまわないかと、非常に心配しているのだ!」




「cruel(残酷な、無慈悲な)」




それ、どういう意味だよ!?


なんだよ「cruel questioning」って…^^;

それに、そんなタマでしたっけ…?「彼」…^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷5


Phoenix

(Nice to see Edgeworth taking the moral high ground...)


フェニックス

(エッジワースのヤツ、早速モラル的優位に立つとは、やるな…)




「high ground(敵対者に対して優位な立場に立つ)」


「(It is) Nice to see Edgeworth taking the moral high ground.」
=直訳「モラル的優位性の保持の有効性を知っているエッジワースは見事だ。」。

一般的に広く知られる「Nice to see you.(初めまして、あなたに会えて光栄です。)」とは、
文章そのものは似通っているが、文意はかなり違う。




逆転裁判 北米版 コーディー入廷6


Edgeworth

「However, we have no choice.」


エッジワース

「しかしながら、我々に選択の余地は無い。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷7


Edgeworth

「The prosecution calls Cody Hackins to the stand.」


エッジワース

「甚だ遺憾ではあるが、検察側はコーディー・ハッキンズを証言台へ召喚する。」




上記エッジワースのセリフは、

「殺人事件の裁判の証人」という「大人でも大変な立場」に、
「まだ年端もいかぬ少年」を立たせてしまうのは「非常に不本意」だ!と言っているわけですね。


しかも、証人に対して反対尋問をするのは

「チクチク証言の隅をつついては揚げ足取りをする弁護士(笑)」

なわけですから、

「(フェニックスのせいで)トラウマになってしまわないかと少年の身を案じてやまない!」

と言いつつも、

「しかし真実を明らかにするために、”断腸の思いで”この決断を下すに至ったのだ!」

と言っているわけですね。(笑)


ただ、これが「エッジワースの本心」かどうかは分かりません。(笑)

しかし少なくとも「法廷に居る裁判官や傍聴人」に対して、
「エッジワース検事はモラルのある、思いやりのある人物だ」と思わせる印象操作ではあるのでしょう。^^;

そうすることによって、自身の心象を良くし、
「審理を優位に進めよう」とする思惑があるのは言わずもがなですね。

フェニックスはそれを「Moral high ground」だと言っているわけです。



それではゲームに戻ります。




逆転裁判 北米版 コーディー入廷8


逆転裁判 北米版 コーディー入廷9


Edgeworth

「Your Honor.
Perhaps you could arrange a box for him to stand on?」


エッジワース

「裁判官。
或いは彼の足元に箱でも置いて、踏み台にさせてみたらいかがだろうか?」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷10


Judge

「Oh, r-right.」


裁判官

「あっ、そ、そうですね。」


Judge

「Guard, please bring him a box.
One of those donut crates should do.」


裁判官

「係官、証人の為に箱を持ってきてください。
ドーナツの木箱なら、ちょうど適しているんじゃないでしょうか。」




「crate(ガラスや陶器類を運ぶ木枠、果物などを入れる柳籠)」




なんでドーナツ!?


この「Donut crates」ですが、

ここでは「少年が上に乗る踏み台にする」わけですから、
「ドーナツが一つだけ入っている」というような、いわゆる「化粧箱」のことではありません。

おそらく「何十個」というドーナツがひとまとまりに入っている、
店などのバックヤードにあるような「業務用の大きな箱」なのでしょう。

しかも「one of those(それらの内の一つ)」ということは、

「何十個ものドーナツが入る大きな箱」がいっぱいあるということになります!(笑)


なんで「裁判所」に、そんなものが!?


以前マヤが、「警官とかって、みんなドーナツが好きなんだね!」というセリフを言っていましたが、

もしかしたら本当に、「警察関係者や法曹関係者」はみんなドーナツが大好きなのかもしれません。^^;

大量のドーナツを業務用の箱単位で「常備」しておくほどに!(笑)

…もちろん、それはあくまで「Phoenix Wright Ace Attorney」の世界では、ですが。(笑)


この作品はフィクションであり、
実在の人物、団体等とは”一切”関係ありません!(笑)



さて、準備が整ったようですので(笑)

ゲームに戻ります。(笑)




逆転裁判 北米版 コーディー入廷11


Edgeworth

「Will the witness state his name and grade in school.」


エッジワース

「それでは証人、名前と学年を供述してくれたまえ。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷12


逆転裁判 北米版 コーディー入廷13


Edgeworth

「Witness!」


エッジワース

「証人!」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷14


Cody

「What? Just 'cause you're all grown-up don't mean you can push me around!」


コーディー

「なんだよ?あんた大人だからって、俺に高圧的態度で命令していいってわけじゃないんだぞ!」




「push around(乱暴に扱う、こき使う)」




逆転裁判 北米版 コーディー入廷15


Edgeworth

「Mrph...」


エッジワース

「むぐぅ…」




おい、エッジワース!

「Moral high ground」はどうしたよ!?^^;


それに相変わらず、証人に名前を言わせるのが「下手」ですねぇ…^^;

…コーディーはコーディーで相変わらず「トガッテやがる」し…^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷16


Mia

「Cody?」


ミア

「コーディー?」


Mia

「Answer his question, okay?」


ミア

「そのお兄さんの質問に答えてあげて、いい?」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷17


Cody

「H-hey, it's you!
The nice lady!」


コーディ

「あっ、あの時の!
イカしたお姉ちゃん!」


Cody

「I'm Cody Hackins.
I'm in 2nd grade!」


コーディー

「俺はコーディー・ハッキンズ!
小学2年生!」




相変わらず、先が思いやられるガキンチョだなぁ……^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷18


Phoenix

(I get the feeling this is going to be a long, long day...)


フェニックス

(これは先が思いやられるな、長い長い一日になりそうだ…)




同感です。^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷19


Judge

「Mr. Edgeworth.」


裁判官

「エッジワース君。」


Judge

「Please remember that you're speaking to a child.
Try to be gentle.」


裁判官

「相手は子供なのですよ、その事をよく肝に銘じておいてください。
もっと優しく、物腰柔らかにお願いしますよ。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷20


Edgeworth

「M-mrrrrph!」


エッジワース

「む、むぐぅぅぁぁ!」




だから「Moral high ground」は(以下略)




逆転裁判 北米版 コーディー入廷21


Edgeworth

「Witness! Er, I mean, Cody.」


エッジワース

「証人!あ、いや、コーディ君。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷23


Edgeworth

「You were present, er,
you were at Global Studios on the day of the, er, incident?」


エッジワース

「えーと、君は、その、アレだ、
事件当日にグローバル・スタジオに居合わせた、いや、居たんだよね?」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷22


Phoenix

(He's having trouble with this ”gentle” thing.)


フェニックス

(エッジワースのヤツ、”物腰柔らかに”って言われて、たいそう困惑してるみたいだな。)



逆転裁判 北米版 コーディー入廷24


Cody

「You got a problem with that!?」


コーディー

「だからなんだよ!?なんか文句あるってのかよ!?」




なんで喧嘩腰!?^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷25


Edgeworth

「Please tell us what you saw that day.」


エッジワース

「あの日、君が何を見たのかを、みんなに教えてくれないか。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷26


Cody

「What, pops?
You want me to tell you and gramps with the beard over there?」


コーディー

「なんだよ、オッサン?
あんたと、あそこに座ってるヒゲヅラのジィさんに教えてやれってのか?」




「pop(とうちゃん)」アメリカ口語表現。「poppa」の短縮形。


「beard(あごひげ)」=「口ひげ」は「mustache」、「ほおひげ」は「whiskers」であるが、
単に「ひげ」という場合には「beard」を用いる。




逆転裁判 北米版 コーディー入廷27


Edgeworth

「Just... Mr. Edgeworth will be fine.」


エッジワース

「エッジワースさん…と呼んでくれて構わないぞ。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷28


Judge

「I prefer ”bearded gentleman” myself.」


裁判官

「私は”おヒゲのジェントルマン”と呼ばれる方が好きなんですがね。」




「prefer ~(むしろ~のほうを好む)」




逆転裁判 北米版 コーディー入廷29


Phoenix

(A very long day...)


フェニックス

(本当に、とても長い一日になりそうだ…)




いやほんとだよ!

つーか、全然「証言」に進まないじゃないかよぉぉぉ!!!




逆転裁判 北米版 コーディー入廷30


Judge

「Incidentally,」


裁判官

「ところで、ついでと言ってはなんですが、」




「incidentally(ついでに、ところで)」




まだ何かあんのかよ!?




逆転裁判 北米版 コーディー入廷31


Judge

「photographic equipment is strictly forbidden in this courtroom.」


裁判官

「当法廷への撮影機材の持ち込みは、固く禁じられているはずですよ。」




「strictly(厳密にいえば、厳しく)」


「forbid(禁止する)」




逆転裁判 北米版 コーディー入廷32


Edgeworth

「M-mpht!」


エッジワース

「む、むぐっ!」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷33


Edgeworth

「M-my apologies, Your Honor.
He said he wouldn't testify if he couldn't bring it...」


エッジワース

「そ、その件に関しては、私のほうから謝罪する、裁判官。
実はこの証人、カメラを持ち込めないのなら証言はしない、と言っていたものでな…」


Edgeworth

「I'd like special permission, if that's possible.」


エッジワース

「可能であれば、特別に許可を頂きたい。」




なんだそりゃ!

しかも「事後承諾」かよ!?




逆転裁判 北米版 コーディー入廷34


Phoenix

「Wait, so you're saying you had to bargain terms with a kid...
and you LOST?」


フェニックス

「おいちょっと待てよ、ということはお前、子供相手に駆け引きして…
しかも負けたってのか?」




「terms with ~(~との関係、間柄)」




……^^;




逆転裁判 北米版 コーディー入廷35


Cody

「Hey! I just got this new camera!」


コーディー

「へへーん!いいだろ、この最新式カメラ!やっと手に入れたんだぜ!」


Cody

「Don't really know how to use it all that good yet!」


コーディー

「コイツの機能とか使い方とか、まだ全部分かってるわけじゃないけどな!」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷36


Cody

「But I bring it with me wherever I go!」


コーディ

「でも、どこに行く時でも、肌身離さず持ち歩いてるんだぜ!」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷37


Mia

「Phoenix.」


ミア

「フェニックス。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷38


Mia

「I wonder if he had that camera on the day of the murder...」


ミア

「あのカメラ、もしかしたら殺人事件当日も持ち歩いていたんじゃないかしら…」


Mia

「You'd better make a note of it in the Court Record.」


ミア

「コート・レコードに記録しておいた方が良いかもしれないわね。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷39


Cody's Camera(コーディーのカメラ)

Type:Other(タイプ:その他)

Submitted as evidence during the trial.(審理中に証拠品として提出された。)

Cody's Camera added to the Court Record.(コーディーのカメラをコート・レコードに加えた。)」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷40


Judge

「Very well, Cody.」


裁判官

「よろしい、それではコーディー君。」



逆転裁判 北米版 コーディー入廷41


Judge

「Please testify to the court about what you saw the day of the incident.」


裁判官

「事件当日に見た事を、当法廷に証言してください。」




…やっとかよ………


というわけで、次回ようやくコーディーの証言に移ります。^^;

まずは、彼の証言を聞くところから始めていきましょう。(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: