Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(150)

逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由1


Judge

「Mr. Wright,
your answer!」


裁判官

「ライト君、
君の答えを聞きましょう!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由2


Judge

「We have ascertained that this young boy is a great fan of the Steel Samurai...」


裁判官

「この若き少年は、我々が認める通りのスティール・サムライの大ファンであるにも拘らず…」




「ascertain(確かめる、確認する)」




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由3


Judge

「Why wouldn't he watch the climax of the fight?」


裁判官

「なぜ闘いのクライマックスを見ようとしなかったのでしょうか?」




…前回「スティール・サムライがワルモノに正義の鉄槌を下した瞬間」について、
「コーディーはその瞬間を”見逃した”のだ!」と主張したフェニックス。


今回は上述の通り、「では何故見逃したのか?」についての「答え」を示したいと思います。




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由4




上二つの選択肢はどちらも似たような感じですが、正直「具体性」に欠けていますね。

ここは、有無を言わさぬ「物証」を提示します!

というわけで、一番下の「Show evidence(証拠品を提示する)」を選択します。




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由5


Phoenix

「Your Honor,
I have evidence.」


フェニックス

「裁判官、
それについては証拠品があります。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由6


Judge

「”Evidence”...?」


裁判官

「”証拠品”…?」


Phoenix

「Yes, Your Honor.」


フェニックス

「はい、裁判官。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由7


Phoenix

「Why did Cody look away from the fight?」


フェニックス

「コーディー君は何故闘いから目を逸らしたのか?」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由8


Cody's Camera(コーディーのカメラ)

Type:Other(タイプ:その他)

Submitted as evidence during the trial.(審理中に証拠品として提出された。)

「A new digital camera. Cody always carries it, though he's still learning how to use it.
(新しいデジタル・カメラ。コーディーはこれをいつも持ち歩いているようだが、使い方についてはまだ勉強中らしい。)」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由9


Phoenix

「Here's my proof!」


フェニックス

「これが証拠です!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由10


Judge

「What's that?
The camera...?」


裁判官

「それは?
例のカメラですか…?」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由11


Phoenix

「The witness stated that he recently received this camera.」


フェニックス

「証人は、最近このカメラを手に入れたと供述していました。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由12


Judge

「Yes, I'm aware of that.」


裁判官

「そうですね、私もそうだったと認識しています。」




「aware(認識する、知っている)」




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由13


Phoenix

「He wasn't entirely familiar with its operation.」


フェニックス

「故に、彼はまだカメラの機能を完璧に熟知していたわけではなかった。」




「entirely(完全に、完璧に)」


「operation(作用、働き)」




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由14


Judge

「I'm aware of that, too.」


裁判官

「それについても、私もそうだったとハッキリ認識していますよ。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由15


Judge

「Ah!」


裁判官

「あっ!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由16


Phoenix

「Correct! Why would Cody be looking somewhere else at the critical moment?」


フェニックス

「そうです!何故コーディー君は決定的瞬間から目を逸らし、どこか他の所を見ていたのか?」


Phoenix

「Because he was looking at his camera!」


フェニックス

「彼はその時、自分のカメラを見ていたのです!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由17


Phoenix

「He was trying to take a picture!」


フェニックス

「写真を撮ろうとしてね!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由18


Cody

「Hey!」


コーディー

「ちょっ!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由19


Phoenix

「Bullseye!」


フェニックス

「どうだい、図星だろう!」




「bullseye(bull's-eye)」=「中心部、要所、急所」。直訳では「牡牛の目」。




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由20


Cody

「W-what's your problem, pops!
You got a thing for picking on little kids!?」


コーディー

「な、なんか文句あんのかよ、オッサン!
ちっちゃい子供相手に揚げ足取って、粗探しするのがそんなに楽しいのか!?」




「pick on(小言を言う、粗探しする)」




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由21


Phoenix

(Pressing, not picking...)


フェニックス

(これは証言の追究であって、粗探しではないんだけどな…)



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由22


Mia

「Good job, Phoenix!」


ミア

「ナイスよ、フェニックス!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由23


Mia

「Cody was lying, clearly.」


ミア

「コーディーは嘘をついていたわ、明らかにね。」


Mia

「Smart of you to realize there was no way he could just stand there,
watching his hero and not take a picture!」


ミア

「彼が大好きなヒーローに出くわしたら、その写真を撮ろうと思うのも無理はない、
あなたの知性によってその事実に到達出来たのよ、ほんとに素晴らしいわ!」




「smart(頭が良い、賢い)」=和製英語「スマート(カッコいい)」とはニュアンスが少々異なる。




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由24


Phoenix

「Right!」


フェニックス

「はい!そうですね!」




否定せんのかい!


ま、欧米では「褒められたこと」に対して「素直に受け入れる」というのが文化的に普通であり、

日本のように「謙遜する」ことが「美徳」ではありませんので…^^;




ここで少し脱線しますが、この場合だと日本では、

「いえいえ、自分なんてまだまだですよ。」

と言った感じで返すかもしれません。

特に仕事上のことで上司に言われたらなおさらですね。

この言葉の裏には、

「自分はまだまだ通過点でしかありません。もっと精進して頑張りますよ!」

という「向上心の表明」があるわけです。


しかし欧米では、このように仕事上のことで上司に言われたら「なおさら」、

「ありがとうございます!僕はちゃんとスマートな考え方も出来るようになったんですよ!」

と「上司の評価を認め、それが正当であるとアピールする」ことが、

「評価された自分にとっても、評価した上司にとっても」良いのです。

もしここで日本的な謙遜をしたら、

「なんだコイツ、こっちはせっかくスマートだと評価したのに、自分のことバカだと思ってんのか?」

と思われてしまいます。

謙遜した本人だって、実際に「自分はバカだ」と思ってるわけはないでしょうから、

「謙遜」することによって「会話も”心も”噛み合わなくなってしまう」のですね。


まあ、これは別にどちらが良いとか悪いの話ではありません。

単純に「文化や考え方の違い」です。




…だがしかし……

フェニックスよ……


お前はまだ「smart」の域には達していないと思うよ!

客観的に見て!(笑)




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由25


Phoenix

「Cody?」


フェニックス

「コーディー君?」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由26


Phoenix

「There was only one reason why you would have looked away from the fight.」


フェニックス

「君が闘いから目を逸らしたのには、ひとつだけ理由があったんだ。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由27


Phoenix

「And that was because you wanted to take a picture.」


フェニックス

「その理由とは、写真を撮りたかったからに他ならない。」


Phoenix

「But having just received your camera,
you weren't used to using it yet!」


フェニックス

「しかし、そのカメラは最近手に入れたばかりだった、
だから君は、まだカメラを使い慣れていなかったんだ!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由28


Phoenix

「So, you missed the climax of the fight. Correct?」


フェニックス

「そのせいで、君は闘いのクライマックスを見逃した。そうだろ?」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由29


逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由29


逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由29


逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由30


Cody

「Yeah.」


コーディー

「そうだよ。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由31


Mia

「Well, Phoenix.」


ミア

「いいこと、フェニックス。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由32


Mia

「I'll bet you anything he's hiding more than that.」


ミア

「彼にはまだ何か隠し事があると思うわ。」


Mia

「Have him testify again!」


ミア

「だから彼にもう一度証言させるのよ!」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由33


Phoenix

「R-right.
(Mia means business!)


フェニックス

「わ、わかりました。
(ミアさん、かなりマジだな!)




「mean business(冗談ではなく本気だ)」=口語表現。直訳では「仕事を意味する」。

「これは「play(遊び)」ではなく「business(仕事)」だ」の意。




逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由34


Phoenix

「Your Honor.」


フェニックス

「裁判官。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由35


Phoenix

「The defense would like to request that Cody Hackins testify once more.」


フェニックス

「弁護側は、コーディー・ハッキンズに再度証言を要求したいと思います。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由36


Judge

「V-very well.」


裁判官

「い、いいでしょう。」


Judge

「Cody?
Coud you please tell us about your camera...」


裁判官

「コーディー君?
我々に、君のカメラについて教えていただけますか…」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由37


Judge

「And about why you didn't take a picture of the fight?」


裁判官

「それと、なぜ闘いの場面の写真を撮らなかったのか?についても、お願いします。」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由38


Cody

「Umm...」


コーディー

「むむむ…」



逆転裁判 北米版 コーディーが見ていなかった理由39


Phoenix

(Welcome to the real world, kid!)


フェニックス

(テレビ番組とは違う、厳しい大人の世界へようこそ、少年!)




出た!フェニックスお得意の「皮肉」!


…はどうでもいいとして(笑)

次回、改めてコーディーの証言を聞くところから再開したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: