DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(50)

カジノ稼ぎ、無事終了しました^^

結果から言うと
現在144,760トークンを所持しています。

カジノ1

*:「You currentry have 144760 tokens.
Would you like to exchange them for prize?」

*:「あなたは現在144760トークンをお持ちです。
賞品と交換いたしますか?」


Yesを選びます。

カジノ2

色々並んでいますが、
下から2番目の「Metal king sword」を2回選択します。

現在のパーティメンバーでこれを装備できるのは、
ヒーローとグートルードです。
ですので、その2人に渡して装備します。


これで当分の間戦闘は楽勝になります(笑)

いささかイカサマ臭いですが^^;
戦闘の時間短縮に大きく貢献します。

さらに、この2人の分の武器はこの先買う必要がなくなるので、
お金の節約にもなります。


では蛇足でカジノでの稼ぎ方を紹介します。
これは日本版でも同様の方法で稼げると思います。


DQVのカジノには効率のいい稼ぎ方があります。
基本戦略は
当たったらセーブ、当たらなかったらリセット
という、ビデオゲームであることをフル活用したイカサマ技です(笑)

具体的な稼ぎ手段は色々あると思いますが、私が行ったのは以下の方法です。


まずはじめに、トークンを50購入します。
前回書いたとおり1トークン20Gなので、
1,000Gかかります。

現在の所持金の約半分のお金を消費してしまいますが、
稼ぎに成功すればお金(Gold coin)はどうとでもなるので(笑)
ここはドーンと景気よく使います(笑)

ただし、50トークンより多く買うのは無駄使いになります(理由は後述)。


50トークン購入したら、カジノの左にある
「The Monster Arena(日本版モンスター闘技場)」へ行き、
トークンを増やします。



モンスター・アリーナのルールは、
ある決まった組み合わせで複数のモンスターが出現し、
互いに戦い合うオートバトルが行われ、プレイヤーはそれをただただ見守ります。
プレイヤー側は一切勝敗に干渉できません(賭けなので^^;)
そして、最終的にどのモンスターが勝ち残るかを当てる、というもので、
モンスターにはそれぞれオッズが定められています。

オッズとは、払い戻しの倍率のことで、
例えば2倍のオッズを持つモンスターに50トークンを賭け、
そのモンスターが最終的に勝ち残れば
50×2の100トークンが払い戻されるという仕組みです。


ここで最も効率が良いと思われるやり方は、
「オッズの一番低いモンスターに賭ける」です。

言うまでもないですが、最もオッズが低いと言うことは
それだけ当たる確率が高いと言うことです。


この時点で出現する組み合わせ内では、
一番低いオッズは、約1倍、約2倍、約3倍のいずれかになることがほとんどです。
(実際には小数点以下1位まで倍率は存在しています。)

中には全モンスターがほぼ同じオッズで、
ほとんど高低差がない組み合わせもありますが、
これだと勝敗が完全に運頼みになってしまうので
その組み合わせが出現した場合は賭けないほうが無難です。

また、一番低いオッズが約1倍の場合も
トークンはほとんど増えない(小数点以下の倍率分しか増えない)ので
避けたほうが賢明です。


モンスター・アリーナでは
賭けられる最大トークン数は50です。
なので、50トークンきっかり買ったほうが無駄がないのです。

あとは50トークンを2倍か3倍のオッズのモンスターに全賭けし、
当たったらセーブ、外れたらリセットします(笑)

これで、2倍なら50、3倍なら100トークンずつ増えていきます。


この方法なら理論上トークンは無限に増やせますが、
致命的なデメリットがあります。

それは…
物凄く時間がかかる!

さらに
速攻で飽きる!

この2点です(笑)


なので、私は大体1,500トークンを超えたあたりでこの方法には見切りをつけました。


でも1,500トークンでは目標額には全然届いていないので、
今度はこれを元手に、カジノ右側にあるスロットへと移動します。



スロットには、1トークン、10トークン、100トークンスロットの3種類があります。
1トークンスロットは、1回のベットに最低1トークン最高9トークンまで賭けられるスロットで、
リーズナブルですが当たってもリターンは少なく、
逆に100トークンスロットは1回のベットで最低でも100トークン、最高だと900トークンまで賭けられる
ハイリスクハイリターンなスロットです。

当然夢は大きく(笑)
ハイリターン狙いで100トークンスロットへ直行です(笑)


スロットには賭けられるレーンが3レーンあって、
1レーンに100から300まで賭けることが出来ます。
1レーンに100トークンを3レーン賭けすると300トークン、
1レーンに300トークンを3レーン全賭けすれば900トークンとなるわけです。
(言葉で説明するのは難しいな…^^;)

元手が1,500しかないので、900賭けすると1回しか回せません。
なので、最初は300賭けにします。

役と倍率は以下の通り。

カジノ3

「7」が5つ揃えば、倍率10000倍なので、
一気に1,000,000トークン払い出されますが、
まず当たりません!


狙い目は、倍率100倍の「7」×3、「スイカ」×4、「プラム」×5のいずれかです。
これらもなかなか当たるものではありませんが、
大きな倍率の中では比較的揃いやすい役たちです。

1,500トークンで300トークン賭けだと、
5回しか回せませんが、途中結構ちっちゃな当たりも出たりします。

しかしほとんどの場合すぐに元手が尽きますので、
そうなったらリセットです。


そうして回し続けていると、いつかは100倍役が揃い、
一気に10,000トークン増えます。

手持ちが10,000トークン以上に達した時点で
もう成功したも同然です(笑)

今度は900トークン賭けて回し続け、
また100倍役が出るまで粘ります。

すると、こんな感じで当たりが来ます。

カジノ4

「Well,done!
You've just won yourself 36000 tokens.」

「よし、やった!
あなたは36000トークン勝ち取った。」


これは複数レーンで同時に当たったときの写真で、
真ん中レーンが「BAR」×3なので300の20倍で6,000トークン。
下のレーンが「プラム」×5なので300の100倍で30,000トークン。
あわせて36,000トークンの払い戻しです。



以上、このような感じで最終的には手持ち144,760トークンにまで達しました。
当初の目的であるメタル・キング・ソード2本分には44,760トークンが余分ですが、
次に稼ぐ必要が出てきた時に、元手に余裕がないと面倒なので
少し多めに稼いでおいたわけです。


これで今後カジノ側には1Gたりとも払わなくて済みます(笑)

また、トークンを現金に換金したい場合は、
プライズの1番上の欄にある
「Elfin elixir(エルフィン・エリクサー=日本版エルフの飲み薬)」が店で110Gで売れますので、
元手が無くならないよう注意しながら交換しまくってそれを全部店に売り、
トークンが減ってきたらスロットで増やす、とやっていけば
お金は理論上無限に増えます(笑)

ただし、これも完全な単純作業なので程々にしたほうが無難です(笑)



というわけで、フォーチュナ探訪前に
この町で売っている防具一式をパーティメンバー全員に、
ハリーには武器も買ってやります。
残念ながらこの町では、ワッカが装備できる武器は売っていません^^;
ワッカには素手で我慢してもらいます^^;
(フィールドグラフィックではハンマーを持ち歩いていますが…)


はい、次回はフォーチュナの町で人々と触れ合って見ましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: