Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(241)

前回「Gourd Lake Park(ゴード・レイク公園)」前で「Lotta Hart(ロッタ・ハート)」に出会いました。
彼女は何やら「まだ口外していない情報」とやらを持っているみたいでしたが、
彼女から提示された「交換条件」はとんでもない無茶振りでしたので(笑)
それはひとまず保留とし、今回は「正攻法」での事件の捜査に戻るべく、
一度警察署へ向かってみたいと思います。




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談1


December 26
Police Department
Criminal Affairs


12月26日
警察署
刑事課



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談2


Gumshoe

「Hey there, pal.」


ガムシュー

「おう、あんたか。」




以前、マヤを保釈させるために警察署に戻ったガムシュー刑事は、
その後もそのまま署に留まっていたようですね。


今回は、そんな彼と話をしてみます。




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談3


Gumshoe

「What's up? You look out of sorts.」


ガムシュー

「なんだ、どうした?なんか元気ないみたいだな。」




「out of sorts(機嫌が悪くて、元気が無くて)」




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談4


Gumshoe

「Wait... you didn't go and do something
that's going to hurt Mr. Edgeworth's case again!」


ガムシュー

「いや、ちょっと待てよ…もしかしてあんた、また何かしでかしてきたんじゃないだろうな!
エッジワース検事を窮地に追い込むような何かを!」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談5


Phoenix

「What do you mean, ”again”!?」


フェニックス

「”また”ってどういう意味ですか!?」




…もう忘れちゃったんですか?
あの「メチャクチャめんどくさい南部訛り」を
わざわざ「発掘」してきたことを?^^;


…ま、今回のフェニックスたちは、
別に「火種」を持ち込んできたわけではありませんけどね。(笑)




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談6


Gumshoe

「Whatever, have a seat, pal.」


ガムシュー

「まあいいや、ともかくその辺に適当に座れよ、あんた。」


Gumshoe

「I'm here for you if you need anything.
Besides money, that is.」


ガムシュー

「何か必要なら言ってくれ、出来る限り期待に添えるよう取り計らってやるからよ。
カネの相談以外ならな、はっはっは。」




…「お金の相談」がしたいなら、
そもそも「あなたのところには来ません」よ、ガムシュー刑事。(笑)


さて、それでは「薄給の刑事さん」に、
「お金以外の話題」について、聞いてみることにしましょう。(笑)




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談7


「The investigation」


「捜査について」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談8


Phoenix

「How is the investigation proceeding?」


フェニックス

「ところで、今の捜査状況の進展具合はどんな感じですか?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談9


Gumshoe

「It's not, really.」


ガムシュー

「正直言って、何も進展してないよ。」


Gumshoe

「We have another meeting coming up...」


ガムシュー

「これから、もう一度捜査会議をやることになってるんだが…」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談10


Gumshoe

「We're supposed to talk about Mr. Edgeworth's motive...」


ガムシュー

「そこでは、エッジワース検事の動機について話し合うことになるだろうな…」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談11


Maya

「His motive?」


マヤ

「エッジワース検事の動機…ですか?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談12


Gumshoe

「See, Mr. Edgeworth's father died in the DL-6 Incident...」


ガムシュー

「あんたらも知っての通り、エッジワース検事のお父さんはDL-6事件によって死亡してしまったわけだが…」


Gumshoe

「And the guy who got the lone suspect declared innocent
was the victim in this case...」


ガムシュー

「その事件の唯一の容疑者だった人物が無罪になったのは、
本件の被害者…」




「lone(孤立した、ただ一つの)」




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談13


Gumshoe

Robert Hammond.」


ガムシュー

ロバート・ハモンドが弁護したからだったわけだ。」


Gumshoe

「They're saying that's why Mr. Edgeworth shot him.」


ガムシュー

「つまり、エッジワース検事がハモンドを撃った動機もそこにある、ってことになるんだよ。」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談14


Phoenix

(And Edgeworth never talks about his past...)


フェニックス

(そういえばエッジワースは、未だ自身の過去について、何ひとつ話そうとしてないわけだけど…)


Phoenix

(I bet they'll drag that out
and hit him with it in court tomorrow, too...)


フェニックス

(明日の法廷では、当然その事も引き合いに出されて、
エッジワースの眼前に叩き付けられることになるんだろうな…)




これは確かにその通りですね。


一見したところでは、今回の殺人において、
「エッジワースには動機がある」ように見えます。
当然警察や検察側としては、そこを突いてくるでしょう。


一方のエッジワース「本人」は、
「DL-6 Incident(DL-6事件)」を含む「自身の過去」について、
全くと言っていいほど話してくれていませんので、
今のところフェニックスには、
それを「否定する」だけの材料が、何ひとつとして無いわけですね…




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談15


Maya

「Poor Edgeworth...」


マヤ

「エッジワース検事…」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談16


Gumshoe

「I gotta adimit,
it doesn't look good, pal.」


ガムシュー

「今の状況が全くもって形勢不利だってことは、
さすがの俺も認めざるを得んよ、あんた。」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談17


「Gourdy」


「ゴーディーについて」




…今の会話の流れからして、
こんな話題を振ってみてもいいものなのだろうか!?
という疑念は拭えませんが^^;
「ゲーム進行」のためには止むに止まれません!(笑)




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談18


Maya

「Say, Detective Gumshoe.
Do you know ”Gourdy”?」


マヤ

「ところで、ガムシュー刑事。
”ゴーディー”って知ってます?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談19


Gumshoe

「The monster down in Gourd Lake?
Not personally, no.」


ガムシュー

「例のゴード・レイクの怪物か?
管轄外だからな、詳しいことは何も知らんよ。」




「Not personally.」=直訳「個人的にではなく。」

ここでは「個人的には話に聞いたことはあるけど、個人的ではない(=警察組織)としては、知らん。」の意。




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談20


Maya

「Well... we're looking for him.」


マヤ

「実はですね…私達、ゴーディーを探してるんです。」




ちょ!おま!その聞き方は…^^;




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談21


Gumshoe

「Huh!?」


ガムシュー

「なんだと!?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談22


Gumshoe

「Are you out of your minds!?」


ガムシュー

「あんたら、頭オカシイのか!?」




「out of one's mind(気が狂って、大事なことを忘れて)」




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談23


Maya

「Eeek!」


マヤ

「ひぃぃっ!」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談24


Gumshoe

「You got time to go wild monster hunting!?」


ガムシュー

「この大事な時に、なすべき事も忘れて、モンスター・ハンティングにかまけてるって言うのか!?」


Gumshoe

「How about doing a little questioning for me then!?」


ガムシュー

「そんなことを聞くために、わざわざ俺に会いに来たってのかよ!?ええっ!?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談26


Maya

「Detective Gumshoe is scaring me, Nick.」


マヤ

「ガムシュー刑事、おっかないよぅ、ニック…」




当たり前だろ。^^;


ガムシュー刑事は、エッジワースのことを「心底心配」していて、
でも「警察の一員」である彼としては、エッジワースの「罪の立証」のために捜査もしなければならず
その「一個人」と「組織の一員」としての「狭間」で非常に「葛藤し、苦悶している」というのに…


頼りの「エッジワースの正式な弁護人」であるところの当のフェニックスたちが、
「僕たち今、怪物ゴーディーを探してるんッスけどねwww
なんか情報ないッスかねwwwwww」

みたいな感じのことを言っているのを目の当たりにしてしまったとしたら…


ブチギレるのも当然です!^^;




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談27


Phoenix

「I told Detective Gumshoe about the deal with Lotta.」


フェニックス

「僕は、ロッタさんとの取引について、ガムシュー刑事に説明した。」




「道理」としては、まず「こっちが先」でしたね。^^;
常識的に考えて。^^;




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談28


逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談29


Gumshoe

「I see, pal.
Sorry for shoutin' at you.」


ガムシュー

「そういうことだったのか、あんた。
怒鳴ったりして悪かったな。」




いえ…「非」は完全にこちらにありますんで…

なんか、ほんと…スンマセンでした……




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談30


Gumshoe

「Okay!」


ガムシュー

「よし、わかった!」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談31


Gumshoe

「I, Detective Gumshoe,
will aid your search for Gourdy!」


ガムシュー

「そういうことなら、この男・ガムシュー、
あんたたちのゴーディー探しに、微力ながら尽力してやるぞ!」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談32


Maya

「H-huh!?」


マヤ

「え、えぇっ!?」




ガムシュー刑事…
なんてイイ人…




逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談33


Gumshoe

「I'll loan you one of our newest secret weapons for finding evidence!」


ガムシュー

「証拠品調査の為に、我々が用意した最新鋭の秘密兵器を貸してやろうじゃないか!」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談34


Maya

「Really!?」


マヤ

「ほんとですか!?」



逆転裁判 北米版 警察署のガムシュー刑事と相談35


Gumshoe

「You can take whichever one you like!」


ガムシュー

「一つだけなら、なんでも好きな物を持って行って構わないぞ!」




話の分かる刑事さんで良かったな…


どうやら、「ロッタの情報」との「交換条件」として提示された、
「ゴーディーの情報」を集めるための手助けとして、
「警察の秘密兵器(Secret weapons)」を貸してくれるみたいですね!


「国家権力」であるところの「警察」が所有する「最新(Newest)」の代物なわけですから、
きっと「最新鋭科学」による「超高性能」の素晴らしい「捜査用機材」の数々に違いありません!


これならもしかしたら、
ほんとに「Gourdy」を見つけることが出来るかも!?
期待に胸が膨らみますね!!!



…「正攻法の捜査」というには遠く及ばないでしょうが(笑)
ともかく、ロッタとの交換条件を成立させるため、
これで何某かの「ゴーディーの情報」を手に入れることが出来るやもしれません!


というわけで次回、
ガムシュー刑事から、警察の「Newest secret weapon」を借りてみることにしましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: