DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(3)

さて、次の場面に行きます。

前回、サンチョの台詞内で重要なことをひとつスルーしました。

主人公の父親であり、これまた重要人物である、この人の名前です。




オープニング2

Pankraz
「Oh my! Bless the Goddess!」

パンクラス
「なんと!女神の祝福あれ!」



…「パンクラス」?総合格闘技?
と思ってしまいました^^;

日本版の名前は「パパス」。
えらい改名されましたね^^;


「パンクラス」とは、古代ギリシャの総合格闘技の祖先とも言うべき競技
「パンクラチオン」の前身となった競技の名前だそうです。
(ちなみに、日本の総合格闘技団体「パンクラス」の社名の語源もこれだそうです。)
パンクラチオンは、某格闘ゲームでこれの使い手が登場したこともあり、
知っている人は知っているかもしれません。
ちなみに「パンクラチオン(pankrazion)」とは、古代ギリシャ語で「全力」という意味だそうです。


脱線しましたが、なぜ日本語版の「パパス」が北米版で「パンクラス」に改名されたのか、
それはわかりません!^^;
推測ですが、おそらくパパスという名前が、男性の名前としてピンと来ない、という理由だと思います。
日本語には、元々の日本語の語感にあまり近くなく、カタカナで表記されていると、
「それは外来のものである」として、ある程度すんなり受け入れられるという特性があります。
でも英語にはそういう特性はありませんので、違和感が強くなってしまうのだと思います。

また、「pankraz」という単語自体、上記の格闘技を由来に持つ強そうな名前、
あるいは、イギリスに在る駅の名称「St.Pancras(セントパンクラス)」や
イタリアの地名「San Pancrazio(サンパンクラーツィオ) 独語: St.Pankraz」などに見られる聖人名(多分^^;)から、
アメリカ人がエキゾチックに感じる名前として、「パンクラス」に改名したのかもしれません。
推測ですけどね^^;

まあ理由はどうあれ北米版では「パンクラスさん」なので、この日記では彼の名前はパンクラスと表記していきます。

ちなみに、噂っぽいですが、日本版の名前「パパス」は、主人公の"パパ"だから、というのが、
命名の由来として通説になっているようです。

では、また次回!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: