Phoenix Wright Ace Attorney(逆転裁判)北米版プレイ日記(268)

前回「お客様気取りの変なニィちゃん」が法廷で、

「実は俺、湖の上でラジオを聞いてたんだよね!てへへっ☆」

ワケの分からないことを宣っていました。(笑)


お前は一体何をしに来たんだ…?


というわけで今回は、その続きの場面から再開します。^^;




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き1


Judge

「M-Mr. Butz!」


裁判官

「バ、バッツさん!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き2


Judge

「You were listening to a radio on earphones?」


裁判官

「あなたは事件当日ラジオを、しかもイヤホンで聞いていたと言うのですか?」




いや、「Headphone(ヘッドホン)」です。(笑)


…って、どうでもいいですね。(笑)




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き3


Butz

「Y-yeah! So what!
That a crime!?」


バッツ

「あ、ああ、そうだぜ!だからなんだってんだ!
なんだよ、ラジオを聞くのは犯罪だってか!?」




カリフォルニア州刑法第5324条「ラリー・バッツはラジオを聞いてはならない」

pediaより~




Butz

「I listen to my radio!
Everybody listens to the radio! What's the big deal!?」


バッツ

「俺は俺のラジオを聞いてただけだ!ちゃんと店で買ったやつだぜ!
ラジオなんて誰でも聞いてんだろ!何が問題だってんだよ!?」




「a big deal(重大事、大した事)」アメリカ口語表現。




あなたが今、「何が問題となっているか」を「理解できていない」という事…

それが「The big deal」なんですよ!^^;




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き4


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…やれやれ…」


Judge

「Mr. von Karma... your opinion?」


裁判官

「フォン・カルマ検事…あなたの見解は?」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き5


Karma

「Waste of time.」


カルマ

「時間の無駄だ。」


Karma

「I do not accept this witness,
nor his shoddy testimony.」


カルマ

「吾輩はこの証人の存在を容認できん、
無論、くだらん内容の証言共々な。」




「shoddy(見かけ倒しの、ごまかしの)」




Objec...

No, the defense has no objection
to the prosecution's opinion in this case...




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き6


Judge

「Hmm...」


裁判官

「ふーむ…」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き7


Judge

「Well, Mr. Wright?
Should he continue the testimony?」


裁判官

「如何ですか、ライト君?
この証人に証言を続けさせたほうが良いと思いますか?」




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き8




私個人的には、

どう考えても「上の選択肢」を選びたいところなのですが(笑)

それではあまりにもアレ過ぎですし^^;

一応ラリーが「証人として名乗りを上げてくれた」のも、

おそらくは本当に「心の底からエッジワースを助けたい」という想いによるものなのでしょうから、

たとえどんなに「Shoddy testimony」な内容だったとしても、

ここは彼の「志」に免じて、もう少し付き合ってあげることに致しましょう。(笑)


…言わないで!フォン・カルマ検事!

「Waste of time!」とか言わないであげて!

もう少しだけ彼の話を聞いてあげて!^^;

あなたの気持ちは「とってもよく解かる」けど!(笑)




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き9


Phoenix

「Your Honor.」


フェニックス

「裁判官。」


Phoenix

「Please... please allow the witness to continue his testimony.」


フェニックス

「お願いします…どうか、証人に証言を続けさせてやってください。お願いします…」




…なんか、心なしか「哀愁」漂ってんな…フェニックス……




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き10


Karma

「Bah!」


カルマ

「フン!」


Karma

「Nothing is more pitiful than a lawyer who doesn't know when he's lost!」


カルマ

「引き際を知らん弁護人ほど哀れな物は無いな!」




「pitiful(哀れな、可哀想な)」




まあまあ…そんなことおっしゃらずに…^^;

今が大変「惨めで哀れ」なのは、こちらも重々承知しておりますから…(笑)




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き11


Judge

「Very well, Mr. Butz.」


裁判官

「よろしい、それではバッツさん。」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き12


Judge

「Please give your testimony,
and be sure to include details like your RADIO.」


裁判官

「それでは証言を続けてください、
無論、確かな事だけを確実に、至る所も詳細に渡って、ですよ。
あなたの大好きなラジオのようにね。」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き13


Butz

「Right! Leave it to me!」


バッツ

「いいぜ!任しときな!」




なんでそんなに「自信満々」なんだよ、お前は…

っていうか、良いよね…能天気で…

裁判官にすら「皮肉を言われてる」ってのに…^^;




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き14


Phoenix

(I wouldn't if there were any other way out of this,
believe me.)


フェニックス

(これ以外に、今の状況を打破できそうな方法なんて他に無いんだ、
それは間違いない、きっと間違いないはずだ、自分を信じるんだ。)




「I wouldn't if there were any other way out of this.」

=直訳「これ以外に何か別の方法があったとしても、僕にはそれは出来なかった。」




You're right, Phoenix!

I know we've just no choice now ever! Never any other way!


…なんだか本当に、近年まれにみる程「悲壮感漂いまくり」ですね、フェニックス…^^;

「自分の判断は間違ってない!これしか無かったんだ!」

自分に言い聞かせているようですが(笑)

確かにフェニックスの言う通り、今できることはこれしかありません。

とにかく、引き続きラリーの証言を聞いてみるより他ないのです。




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き15


-- What Larry Heard --


--ラリーは何を聞いていたのか--



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き16


Butz

「It's lonely,
being alone on Christmas Eve!」


バッツ

「いや~、実は俺ってば少し淋しくってさ、
せっかくのクリスマス・イヴなのに一人ぼっちでさ!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き17


Butz

「That's why I was listening to an all-requests show on the radio, see?」


バッツ

「だから、ラジオでやってたオール・リクエストの番組を聞いてたってわけよ、そんな気持ち、解かるだろ?」


Butz

「I was listening to it real booming loud, like.」


バッツ

「しかも、寂しさ紛らすために超爆音で聞いてたんだよね、みたいな。」




「real booming loud」=直訳「本当に爆発的な騒々しさで」。




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き18


Butz

「But I'm sure I heard that gunshot!」


バッツ

「でもな、それでも確かに俺は、間違いなく銃声を聞いたんだよ!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き19


Butz

「I remember exactly what the DJ was saying when I heard it, too.」


バッツ

「だってさ、そん時ちょうどDJが言ってたこと、ちゃんと覚えてるもん。」




うん…なんか…もう…いいです…

そうだよな…これが「Larry Butz」だよな…


正直言って、もはやツッコミどころが多過ぎて、

どこからどうツッコめば良いのやら、皆目見当も付きません。^^;

というわけでわたくし、「ツッコミ放棄」致します!!!(笑)




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き20


Judge

「You were listening to your radio...
at a high volume!?」


裁判官

「なんてことだ…あなたはラジオを…
大音量で聞いていたと言うのですか!?」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き21


Butz

「Yeah, what's the big problem?」


バッツ

「そうだよ、なんか問題でもあるってのか?」


Butz

「Can't a man listen to his radio in peace?
Isn't this a free country!?」


バッツ

「なんだよ、静かにラジオ聞いてちゃいけないってのか?
この国は自由の国じゃなかったのかよ?」




Yeah, you can listen to your radio in peace as you like.

And the United States is a country of freedom as you say.




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き22


Phoenix

(I truly believe Larry has no idea what the problem here is.)


フェニックス

(本当に、マジでラリーのヤツ、今この場で何が問題視されているのか全く解かってないんだな。)



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き23


Karma

「Judge.」


カルマ

「裁判官。」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き24


Karma

「Can you believe a word this witness says?」


カルマ

「貴様、信じられるか?今この証人が言ったその言葉を?」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き25


Karma

「What he heard was probably nothing more than a drum beat from the radio!」


カルマ

「銃声を聞いた、などと言ってはいても、
所詮はラジオから聞こえてきたドラムを叩く音と聞き間違えて勘違いした、とかそういった事だったのであろう!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き26


Judge

「True enough,
it is difficult to believe this testimony.」


裁判官

「仰る通り、
この証言は俄かには信じがたい、極めて信憑性に乏しい証言と言って差し支えありませんな。」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き27


Phoenix

「Wait, Your Honor!」


フェニックス

「お待ちください、裁判官!」


Phoenix

「The witness said he remembers exactly what the DJ said when he heard the gunshot!」


フェニックス

「この証人は、銃声を聞いた際にちょうどラジオから発せられたDJの言葉を確かに覚えている、と証言しました!」




いや…確かにそんなことは言ってましたけど…

私には、もうこの「証人の証言全て」が、

もはや「信憑性の欠片も無い」と思えてならないんですケド…^^;




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き28


Judge

「Excuse me?
”Dee-jay”...?」


裁判官

「ところで、失礼ですが…
先程から仰られている”でぃーじぇい”というのは…?」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き29


Phoenix

「An announcer...
the guy who says things on the radio.」


フェニックス

「アナウンサーみたいなものですよ…
ラジオ番組でアレコレ喋る人のことです。」




「ディスクジョッキー(disc jockey)」または単に「DJ(ディージェイ)」とは、

ラジオ番組の司会者、あるいはディスコやクラブ、パーティー、ライブ、野外レイブなどで

レコードなどの録音媒体を使い音楽を掛ける人である。

~Wikipediaより~




…なんか、前にも「こんなやり取り」があったような気がしますね。(笑)

ただし今回の「フェニックスの説明」は、前回よりはかなりマシでしたが。(笑)

(その詳細はこちら。)

しかし、どうやら裁判官は「トレンドや最先端の流行を表す言葉」に疎いようですね。


ちなみに日本版では、「外来語をそのままカタカナ表記した語句に弱い老人」というような表現でした。

そういった「カタカナ語」「横文字」に弱い方は現実世界の日本にも割と多数いらっしゃいますね。

ですが勿論「英語」においては「ひらがな」だとか「カタカナ」というものが無いので、

当然「カタカナ語」とか「横文字」に類する「概念」というものも存在しません。

よって、北米版でのニュアンスは日本版のそれとは若干異なっています。

おそらくは上述の通り、「若者文化に疎い老人」というような表現であるのでしょう。




逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き30


Phoenix

「Anyway!」


フェニックス

「それはともかく!」


Phoenix

「What this means is,
when he heard the sound, no music was playing!」


フェニックス

「この証言の意味するところというのは、
すなわちこの証人が何らかの音を聞いた際、
ラジオ番組内では如何なる音楽も流されていなかった、ということを意味しているのです!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き31


Phoenix

「The DJ only talks between songs!
So he could have heard the gunshot from the lake!」


フェニックス

「DJというのは、歌と歌の間にしかトークしないものなのです!
よって、その間にこの証人が湖から聞こえてきた銃声を聞いていたとしても、何ら不思議ではありません!」


Phoenix

「I'd like to cross-examine the witness, Your Honor!」


フェニックス

「というわけで、是非とも反対尋問をさせていただきたい、裁判官!」



逆転裁判 北米版 ラリー・バッツの証言?続き32


Judge

「V-very well, Mr. Wright.」


裁判官

「わ、わかりました、ライト君。
それでは反対尋問を始めていただきましょうか。」




何やら「フェニックスの気迫」に押された感のある裁判官ですが(笑)

確かにフェニックスの言う通り、

基本的にDJがトークをするのは「番組内でかけられる音楽の合間」である場合がほとんどです。

その際に、仮に「BGM(Back Ground Music)」的な音楽が掛けられていたとしても、

それは「DJのトークを邪魔しない程度の音量」に抑えられているのが常ですので、

いくらヘッドホンをしていたとしても、外から「銃声のような爆発音」が聞こえてきた場合、

それが「耳に入ってくる」ということは充分に考えられます!

ましてやフォン・カルマが言ったような、

「音楽として鳴らされていたドラムの音と聞き間違えた」などということは、

「DJのトークを聞いて覚えていた」以上、逆に考えづらいのですね!

これはもしかしたら、「Our big break(大きな突破口)」となるのかもしれません!


果たしてフェニックスは、

この「針の孔(あな)」ほどに小さな取っ掛かりから、

起死回生の「糸口」を手繰り寄せることが出来るのでしょうか!?



それでは次回に続きます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: