DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(5)

場面は変わり、波の音の中、船室内で目覚めるヒーロー君。

船上1

Pankraz
「Ah, Hero, you're awake!
Hm? A dream, you say? Of being in some kind of castle when you were a baby?
Ha ha ha! Don't talk such nonsense, sleepy head!
Why don't you have a little stroll about outside and blow the cobwebs away, eh?」

パンクラス
「おお、ヒーロー、起きたか!
ん?夢?赤ん坊の時どこかのお城に居たって?
ははは!変ことを言うな、寝ぼすけめ!
少し外でも散歩して、もやもやを吹き飛ばして来たらどうだ?」


写真は最初の台詞だけですが、以降このように続きます。
オープニングはどうやら夢だったようです。

少し雰囲気を味わってもらえるよう、一言台詞だけでなく、
長文で1シーンを書いてみました。

「blow the cobwebs away」で、もやもやを吹き飛ばすとなるんですね。
直訳は蜘蛛の巣(cobweb)を遠くへ(away)吹く(blow)です。


はい、次へいきましょう。

こちらが、DSのXボタンを押した時に出るメニュー画面。

船上2

日本版のDSドラクエ5をやってないので、日本版と違いがあるかはわかりません^^;
多分英語になってるだけで、同じでしょう(適当^^;)

左上から右に向かって順に、
Talk(話す)
Magic(魔法)
Items(道具)
Examine(調べる)
Attributes(属性="日:ステータス"?)
Misc.(その他="日:設定"?)
日本版がわからないので、漢字表記なのかひらがななのかとか、
多分「属性」とか「その他」ではないだろう項目についての日本語版表記は予想です^^;

アトリビューツ(属性)を開いたのが以下の写真。

船上3

まあ、これも全部英語なだけで、日本版と変わらないんでしょうから、
大体どこに何が書いてあるかは予想が付くと思います(適当^^;)


船室を出ると、船のデッキに出ます。
ドラクエではおなじみ、タンスや樽などを漁ってアイテムをゲットします。
外に出てすぐ居る、バンダナをした船員の一言。

船上4

「What is it, laddie? If it's the Captain you're after, he's in the cabin there.」

「なんだい、ラディ?もし船長を探しているなら、彼はキャビンにいるよ。」

…「laddie」?
調べてみたら、ちゃんとした英語で、意味は「(親しみを込めて)少年、ぼうず(など)」だそうです。
ちなみに、スコットランドの方言だそうな。
いやあ、勉強になりますね(笑)

階段を下りた先にいるコックさんも、ヒーローをladdieと呼ぶことから、
どうもこの船の乗組員達はスコットランド人なのかな?と思ったりしました。
もちろん日本版にはそんな設定はありません(笑)
サンチョと同じキャラ付けでしょうけど、DRAGON QUEST Vの世界にも色んな人種がいるんだなあ、と思えて、
非常に面白いですね。

また、この船の船長さんの名前はCaptain Blithe(ブライス船長)。
日本版には名前は無かったと思いましたが…(SFCの記憶しかないので、PS2版DS版ではあるかもしれませんが^^;)
彼はほんとにチョイ役なのですが、名前をつけてるんですねえ。
カタカナにすると、某アニメの艦長を思い出す…
ちなみに、「blithe」は陽気な、気さくなと言う意味の形容詞だそうです。
ブライス船長はヒーロー君のことをboyと呼ぶので、スコットランド訛りではないようです。

一通り全員と会話が終わると(船長と話すと?)船が港に着きます。

いよいよ冒険が始まるわけですが…

実は、次回も(おそらく)冒険に出る前で終わると思います^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: