DRAGON QUEST V 北米版プレイ日記(85)

前回の続きです。

準備も何も無いので(笑)
早速ビアンカに話しかけます。

ストッケンバレル13

Bianca
「I'll have that lock open for you in no time.
Come on!」

ビアンカ
「それじゃ、すぐ水門の鍵を開けるね。
行きましょ!」


最後尾にいた仲間モンスターが自動的に馬車に移動となり、
ビアンカがパーティに加わります。

彼女が水門の鍵を開けてくれるようです。

でもまずは、ストッケンバレル村内を少し散策してみましょう。


ちなみに、ビアンカのアトリビュートがこちら。

ストッケンバレル14





ストッケンバレル15

Whitey
「You'll know how it feels havin' lost your father, Hero,
but my Bianca must be lonely from time to time.」

ホワイティ
「君は父上を亡くしてさぞ辛かったろうな、ヒーロー、
でもビアンカにも、(私は)いつも寂しい思いをさせていたんだと思う。」


「from time to time(時から時へ)」=「いつも」


Whitey
「I haven't seen her look so happy in ages as she looked when she laid eyes on you again.」

ホワイティ
「君に再会した時ほど嬉しそうなビアンカを、私は長いこと見ていなかったよ。」


「in ages(長い間)」
「lay eyes on ~(~を見かける)」=口語表現


Whitey
「You take good care of her, won't you?」

ホワイティ
「彼女をよろしく頼むよ?」

Bianca
「Dad! Shush! You're embarrassin' me!」

ビアンカ
「父さん!やめてよ!変なこと言わないで!」


「shush(シッ)」人を静かにさせる、黙らせる時に使う表現。
「You're embarrassin' me!」=「恥ずかしい!」という意味ですが、
話の流れと彼女の性格を考慮して意訳。



さて、村の人に話を聞いて見ます。

*:「If you go upriver from the lock, you apparently end up at a really big lake.」

*(青年):「水門から川を上っていくと、とても大きな湖に出るよ。」


*:「Alright there, Bianca. How's your dad doin'?」

*(宿屋の女将):「調子はどうだい、ビアンカ。お父さんは元気かい?」

*:「Don't you go wearin' yourself out lookin' after him, eh?
Your happiness is important too, you know.」

*(宿屋の女将):「彼の介護に身をすり切らしちゃだめだよ?
あんた自身が幸せになることだって、同じくらい重要なんだからさ。」


「wear out(擦り切る、使い古す)」


*:「There's apparently some kind of religious order out there
at the moment collectin' money to build a White King's Paradise or suchlike.」

*(宿屋にいる戦士):「現在、とある宗教的団体が、
ホワイト・キングズ・パラダイスとかいうのを建造するために、お布施を募っているようだな。」


「religious(宗教的な)」
「order out(運んでこさせる、届けさせる)」
「at the moment(現時点で)」
「suchlike(そのようなもの)」

「White King's Paradise(白い王の楽園)」固有名詞。


*:「They say they'll keep you safe even if the end of the world comes and all that.」

*(宿屋にいる戦士):「奴らは、もし世界の終わりがきたとしても
(信徒の)安全は守る、と言っている。」


…なんか思い当たるものがありますね。


Bianca
「Oh year. I remember one of the villagers headin' off to join up with that religion a while back.
I wonder how they're gettin' on.」

ビアンカ
「ああ、そういえば。しばらく前に村の人が、その宗教に参加するために村を出て行ったわ。
(今頃)どうしているんだろ。」


「head off ~(~に向かって出発する)」
「religion(宗教)」
「a while back(しばらく前に)」
「get on(やっていく、暮らす)」


宿屋地下にあるパブの壁には

「‘See ya, everyone!
I'm off to join that religion and go to that White King's Paradise place!’」

「‘じゃあな、みんな!
俺はあの宗教に参加して、ホワイト・キングズ・パラダイスに行くよ!’」

というメッセージが書かれています。


…「White King's Paradise(ホワイト・キングズ・パラダイス)」を建造していると言う
「宗教」というのは、ヒーローとハリーが奴隷時代を過ごした
あの「Order of Zugzwang(オーダー・オブ・ズグスワング)」のことなのでしょうか?
とすれば、彼は今あまり良いことにはなっていないでしょう…

まあ、この時点ではよくわかりませんが。


さて、この村の特徴として、この宿屋の外には温泉があります。

ストッケンバレル16

どうやら混浴のようで、
若い女性2人と、じじいが1人入浴しています^^;


まずは女性2人から。

*:「あなたも疲れを癒しにここに浸かりに来たの?
ならリラックスしていくと良いわ。
ここの水(water)はあったかくて素敵(lovely and warm)だから。」

*:「お願い、1人にしてくれないかしら。リラックスしたいのよ。」


2人とも純粋に温泉を楽しんでいるようですね。


Bianca
「Just because it's a mixed bath,
it dun't mean people shouldn't observe some kind of limits!」

ビアンカ
「ここは混浴なのよ、
でもそれは境目を観察してもいいってことじゃないからね!」


「mixed bath(混じったお風呂)」
「limit(境界)」

オブラートに包んでいますが、要は異性の裸をジロジロ見て良いわけじゃない、
と言いたいんだと思います(笑)


*:「Ooh! It's the lovely Bianca!
Come for a bath, have you, darlin'?」

*(じじい):「おおっ!これはこれは、ラブリーなビアンカちゃんじゃないか!
お風呂に入りにきたんじゃろ、ダーリン?」


^^;


Bianca
「I'm sure he means well deep down, but I wish he wouldn't call me ‘darlin’.」

ビアンカ
「このおじいさん、根はいい人なのよ、でも彼に‘ダーリン’って呼ばれる筋合いはないわ。」


「deep down(根は、本当は、内心は)」口語表現。


^^;


さて、最後の温泉のくだりは、勿論ストーリーには
一切関係ありません^^;

まあ、大体この村で聞ける情報は聞き終わりました。


では次回、ビアンカに水門の鍵を開けてもらい、
本格的にサークル・オブ・ウォーターを探しに行きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター:へろ@Nickhero28

フェイスブック:へろ


コメントの投稿

非公開コメント

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場で!

個人輸入ならFreeShipping送料無料多数の人気海外総合通販サイトDinoDirect

このブログ内を検索する

プロフィール

へろ@管理人(Hero@Administrator)

Author:へろ@管理人(Hero@Administrator)
北米で発売された英語版レトロゲームのプレイ日記をセリフなどを翻訳しながら感想を交えて紹介していきます。
This blog has been almost written in Japanese but if when you wish to read in your language you can use Google Translator on the top of the pages and choose your language then you can get to read the every articles.
ツイッター:へろ@Nickhero28
フェイスブック:へろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当ブログで参考にさせて頂いている、よくお世話になっているサイト様一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: